タグ:アゲハチョウ科 ( 7 ) タグの人気記事

メスグロヒョウモンとウスバシロチョウ

f0330321_21554828.jpg
7月18日の月曜日は海の日で休日になります。山野に野鳥が踊り、高山植物も観察の適期ですから、大変貴重な3連休ということになります。でも、残念なことにこの3連休の天気予報は雨マークがついていて、野外観察に出掛けるにはちょっと不向きなようです。以前からこの連休中には、高原で繁殖する野鳥や高山植物の観察をしようと計画を練っていましたが、カミさんからの要望を受けて、チョコちゃんを連れて家族旅行に行くことになりました。行く先はもちろん、長野県の高原です。上手い具合にペットと泊まれるペンションの予約が取れました。特に2日目のお宿は、カミさんの要望が強い天然温泉がありますから、少々天気が悪くても、のんびり骨休めをしてくることが出来そうです。どんな結果になるか、機会があったらこのブログで紹介してみたいと思います。
さて、今回紹介するのはチョウの仲間ですが、初めはメスグロヒョウモンの♀です。
f0330321_21553275.jpg
先月のことになってしまいますが、野鳥観察のため戸隠森林植物園を訪れた時、野鳥を探しながら歩いていた木道の直ぐ脇を飛来していたものです。上手い具合に葉の上に留まって、翅を休めてくれました。
f0330321_21554227.jpg
このシックな色合いは、一目でメスグロヒョウモンの♀とわかる色合いです。♂の個体は、他のヒョウモンチョウの仲間と同じように黄橙色の地に黒いヒョウ斑がありますが、♀の個体はこのように全く異なった容姿をしています。
f0330321_21555480.jpg
こちらのチョウは、ウスバシロチョウですね。一見モンシロチョウなどと同じ、シロチョウ科に属するチョウであるように見えますが、実際はアゲハチョウ科に属するチョウになります。
f0330321_21555988.jpg
戸隠森林植物園の中央広場から木道を歩き始めたところ、すぐ脇の葉の上にウスバシロチョウが留っているのを見つけました。写真を撮っていたら、もう1頭が飛来して絡まった姿勢で留まりました。よく見ると、♂と♀が交尾した状態であることが分かりました。
f0330321_2156540.jpg
野鳥観察を主目的として足を運んできた戸隠森林植物園でしたが、ここでは山野草のほか、チョウやトンボの仲間もたくさん観察できました。そんな様子を撮影していると、1日がアッという間に過ぎ去ってしまいました。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-07-16 06:00 | 昆虫

ギフチョウの交尾と吸蜜

f0330321_23405.jpg
4月も中旬を過ぎ、随分暖かい陽気になってきました。街中でもコート姿の人は殆ど見られなくなり、我が家でも寝具や衣料など冬物が次第に姿を消し始めています。これまで仕事を終えて自宅に帰ると、缶ビールを開けた後にホットウィスキーを飲むのが楽しみでしたが、暖かくなるに連れて、氷をたっぷり入れた水割りが美味しいと思うようになってきました。外で飲むときは、ビールで乾杯した後はハイボールを飲むことが、お決まりのパターンになっていますが、家ではもっぱら水割りを飲んでいます。それも以前はサントリーの角瓶が好きでこればかり飲んでいたのですが、今ではカミさんのおススメで、まっさんのブラックニッカに変わってしまいました。でも、毎日美味しく飲ませてもらっています。
f0330321_234554.jpg
4月9日の土曜日に、ギフチョウの写真を撮ろうと神奈川県の石砂山へ登ってきましたが、一週間前に降られた雨による空振りを解消してくれる上天気に恵まれて、これまでになかったほどたくさんのギフチョウを観察することが出来ました。
f0330321_2342070.jpg
その中で、一番の圧巻は何と言ってもこの交尾しているシーンです。朝早くから登り始め、半日がかりで山頂付近で観察を続けていました。昼食後の下山途中で、こんなシーンを撮影することが出来ましたが、ギフチョウの交尾シーンは見るのが初めてで、もちろん写真も初めて撮影しました。
f0330321_2342587.jpg
今回は、とにかく撮影チャンスがたくさんありましたから、交尾シーンばかりでなく、花に留まって吸蜜するシーンもたくさん撮影することご出来ました。私は美味しい水割りを舐めながら書き込んでいますが、このギフチョウは美味しい蜜をたっぷり吸っていることでしょう。
f0330321_2343121.jpg
山頂付近に、タチツボスミレの咲いている小群落がありましたが、ここがギフチョウたちのレストランとも言える、吸蜜場所になっていたようです。ギフチョウの飛来を待って、暫く離れられない場所になりました。
f0330321_2344324.jpg
今回は、オリンパスの E-M1 + M.40-150mmF2.8 PRO + MC14 の組み合わせで撮影しましたが、前評判通り望遠マクロとしても使える、とても良好な映像を提供してくれました。これからは、山野草やチョウなどの撮影に、主力レンズとして活躍してくれるものと思います。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-04-17 06:00 | 昆虫

春の女神ギフチョウ

f0330321_2250029.jpg
毎日お世話になっているティッシュペーパーの話ですが、うちのカミさんがこの間から値段が安かったということで、新しい箱に入ったものを買って来ました。このティッシュの箱は、取り出し口のところに広い口が開いているのですが、従来のもののように、滑らかに取り出しやすくするためのビニールが付いていません。だから、ティッシュを摘んで引き出す時に、多少の抵抗が掛かります。使用するティッシュは、特に違和感があるわけではありませんが、スッと引き出すことができた従来のものに比べると、これだけで使用感が悪いなと私的には評価が落ちてしまいます。たくさん買い込んできたようなので、しばらくはこのティッシュのお世話にならなければなりませんが、引っ掛かりなく摘み出せるビニール付きのティッシュ箱が恋しくなっているこの頃です。
f0330321_22495543.jpg
さて、今回紹介するのは、天然記念物のギフチョウです。近年特に個体数が減少して、関東地方で観察できるのは、相模湖の奥にある石砂山(いしざれやま)の周辺だけになってしまったようです。
f0330321_2250652.jpg
もう10年近く前のことになりますが、関東地方で唯一観察できる場所であることを知り、絶滅する前に観察しておかなくてはと、無性に行きたくなって、土地勘もわからないまま訪れてきました。最初に見た時のあの感激は、今でも忘れることが出来ません。
f0330321_22494788.jpg
あれからもう何年も続けてこの時期には必ず足を運ぶのですが、上手く見られたら良い方で、空振りした年もありました。多くても、1日を通して数個体だけというのがこれまでの観察結果でした。それが、今年は様子が異なっていました。4月2日(土)に訪れた時は、霧雨に振り込められて全くの空振りになってしまったのですが、そのリベンジということで、4月9日(土)に足を運んだところ、良いお天気にも恵まれて、1日で10個体以上のギフチョウを観察することができたのです。最後には、交尾しているところまで撮影できましたが、その写真はまた次回紹介することにしたいと思います。
f0330321_22501217.jpg
今回は、これまでで最も多くのギフチョウの写真を撮影することが出来ました。使用したカメラは、E-M1 + M.40-150mmF2.8 PRO + MC-14です。このレンズは望遠系ズームですが、とうしでF2.8という明るさがある上、PROレンズという名前が付いているように、その性能は発表された時から大変評価の高いレンズでした。マクロ的に近接撮影ができますから、チョウや山野草の撮影用に購入しましたが、とても満足できる映像を撮ることが出来ました。
f0330321_22501897.jpg
今回も、篠原の集落にある駐車場に車を停めて山頂まで往復してきましたが、天気に恵まれて、山頂では一度に5頭のギフチョウが乱舞するところを観察できました。その他にも、ミヤマセセリやヒオドシチョウも撮影できたり、たくさんの山野草も撮影できました。そんな成果を、これから順に紹介していきたいと思っています。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-04-14 06:00 | 昆虫

花に集まるチョウの仲間@柏

f0330321_20523593.jpg
シルバーウィークの最終日に、あけぼの山公園へ遊びに行ってきました。今年は5連休という長期連続休暇になり、ちょうどタカ渡りを観察する絶好機に当たりましたから、前半は長野県の白樺峠に車中泊で籠っていましたから、家族へのせめてもの罪滅ぼしのつもりで、この日はカミさんとチョコちゃんを連れて出掛けてきたという次第です。
神社参りが好きなカミさんのこと、布施弁天にお参りしてご満悦でしたが、自然散策より直売の農産物を買い求めることに夢中になっていたようでした。でも、一番喜んでくれたのは、久し振りに遠出することができた、愛犬チョコちゃんであったかもしれません。
f0330321_20522424.jpg
布施弁天の下の駐車場の脇に、真っ赤に咲いたマンジュシャゲの花畑がありました。集まって咲いている様は見事なものですが、見惚れているとそこに黒い蝶が吸蜜のため飛来してきました。
f0330321_20523073.jpg
黒いアゲハチョウの仲間の識別は苦手なのですが、後翅の尾状突起がそんなに長くありませんから、これはクロアゲハで良いのでしょうか? この仲間の種類を特定するのは、苦手意識が先行して、なかなか識別ポイントを頭に入れることができません。
f0330321_2052448.jpg
この日は、家族サービスのつもりで足を運んできましたから、写真撮影が目的ではありません。でも、何かあったら撮影したいと思い、オリンパスの E-M5mkⅡ + 40-150mm F2.8 Pro を持って行きました。最近購入したばかりのレンズです。
f0330321_20525131.jpg
このレンズは、F2.8 通しで使える明るいレンズで、解像力も高いと定評があります。望遠マクロ的な使い方ができると思い、チョウの仲間や山野草の撮影用に購入したものですから、今回はちょうど上手い具合に使用することができました。ここでは、小さな花で吸蜜するモンシロチョウを見つけましたが、この花はイヌゴマか、それともクルマバナでしょうか?
f0330321_20524987.jpg
こちらは、同じ場所で撮影したキチョウになります。同じように小さな花(イヌゴマ又はクルマバナ)で吸蜜していました。撮影対象はともあれ、使用したレンズの使い勝手が良いので、私自身はとても気に入っています。ただ、マイクロフォーサーズ仕様のレンズとしては、少し重いのが玉に瑕です。
[PR]
by coffeeto1 | 2015-10-15 06:00 | 昆虫

草原のウスバシロチョウ@八王子

f0330321_2223238.jpg
八王子市郊外の山に出掛けて自然観察をしてきたのは、5月17日(日)のことでしたが、あれからもう1カ月近くも経ってしまいました。このブログへの書き込みが滞ってしまい、時期外れの話題ばかりになっていますから、少しピッチを上げてタイムリーな自然観察の結果を紹介したいと思います。でも、撮りためた写真を順番に紹介していますから、遅れを取り戻すのはなかなか難しい作業になってしまいました。幸い5月の第四週には仕事で出張が入り、どこへも出かけられませんでしたから、まる一週間分は遅れが取り戻せるものと期待していますが、どうなることでしょうか? その後の八ヶ岳を縦走してきた結果についても、たくさん写真を撮ってきたのにまだ紹介できないでいます。焦っても仕方がありませんが、気持ちは少しでもタイムラグを無くそうと頑張っています。
さて、今回訪れた草原ではたくさんのウスバシロチョウが飛び回っていました。かなりの時間私の遊びに付き合ってもらいましたから、お礼も込めて紹介させて貰います。
f0330321_22234132.jpg
ウスバシロチョウは、名前だけでみるとモンシロチョウなどと同じシロチョウ科に属するチョウであると思われますが、実際はアゲハチョウ科に属するチョウなんですね。私の住んでいる足立区周辺では見られないチョウの仲間です。
f0330321_22235026.jpg
ウスバシロチョウは名前のとおり翅の部分がとても薄いチョウです。たまたまタンポポの花に吸蜜のために留まってくれましたから、翅越しに、タンポポの黄色い花弁の色が見てとれます。
f0330321_2224088.jpg
ウスバシロチョウの胴体部分には、たくさんの毛が生えているんが分かりますが、特に体下面にはタンポポの花弁と同じ黄色い色の毛が、びっしりと生えているのが分かりますね。
f0330321_2224742.jpg
図鑑で確認したところ、ウスバシロチョウは年1回4月~5月に見られるチョウになるようです。幼虫はムラサキケマンやジロボウエンゴサクなどを食べ、卵で越冬するとのことでした。
[PR]
by coffeeto1 | 2015-06-13 06:00 | 生物

ニセアカシアで吸蜜するジャコウアゲハ@四街道

f0330321_18332068.jpg
公園でツミの飛来を待っていました。なかなか現れてくれませんが、待つ間に咲いていたニセアカシアの花で吸蜜していた黒いチョウが舞っていました。他にすることもありませんから、撮影対象にさせてもらいました。ところが、野鳥と違ってチョウの動きは複雑で、思うような写真になりません。何枚か無駄なシャッターを切ることになってしまいましたが、何とか絵になる写真を紹介したいと思います。
f0330321_18333154.jpg
黒いアゲハチョウの仲間は、識別するのが難しいのですが、このチョウは胴体に赤い色の部分があるのが見えましたから、ジャコウアゲハであることが分かりました。翅を広げたところです。♀の個体は翅が灰褐色ですが、この個体は黒色ですから♂の個体になると思います。
f0330321_1833258.jpg
このジャコウアゲハは、花から花へ飛び移りながら、忙しそうに吸蜜を繰り返していました。ニセアカシアの花は房状にたくさんついていますから、とても効率良く吸蜜できているようです。
f0330321_18331441.jpg
ぶら下がっていた花房で、暫くの間吸蜜を繰り返していましたが、たくさんの蜜を吸うことが出来たのでしょうか、次の花へ向かって飛び立って行きました。
[PR]
by coffeeto1 | 2014-05-31 06:00 | 昆虫

天然記念物のギフチョウ@相模原

f0330321_2059794.jpg
平成26年3月末日をもって、長年勤めた思い出深い職場を定年退職しましたが、第二の職場で働き出して、早くも1週間が過ぎようとしています。長い間務めてきた職場は、それなりに忙しいところでしたが、最後は割合のんびりと仕事をさせていただきました。しかし、新しい職場には職員こそ十数名はいますが、以前のように直接働いてくれる部下職員がいませんから、自分一人でやる仕事が結構あって、一日がとても忙しくなりました。それなりに遣り甲斐があって、私的には充実していると思えるのですが、それだけに自由に使える時間が少なくなり、ブログの維持管理が負担に感じられてきました。
これまでは「コーヒー党の野鳥観察」と「コーヒー党の自然観察」の二つのブログを遣り繰りしてきましたが、無料ブログの容量がどちらも限界に近づいてきたことから、この機会に統合して一つのブログにすることにしました。これからは、この「コーヒー党の野鳥と自然」と題したこのブログで、野鳥だけでなくチョウや山野草、そして登山をしながら触れ合った自然を紹介していきたいと思います。
f0330321_20585372.jpg
記念すべき第1回目の書き込みですから、何を紹介しようかと悩んだのですが、第二の職場で最初に頂いたお休みの4月5日(土)に、足を運んだ相模原市内の山で観察した、ギフチョウを紹介することにしました。
近年、その生息数が非常に少なくなって、関東地方ではこの辺りでしか見られない貴重なチョウです。
f0330321_20584638.jpg
ここ数年は、3月末から4月の初旬にかけて、ギフチョウを観察することが定例のパターンになっていました。今年も新しい職場で、最初のお休みを貰ったこの日に、すかさず足を運んできたところ、期待を裏切ることなく、その優美な姿を観察することが出来ました。まだ冷え込みが厳しいこの時期に出現するチョウですから、胴体を保護する無数の毛が、とてもたくさん生えていることが分かります。
f0330321_2059193.jpg
ギフチョウは、日本固有種で、春先のこの時期だけに出現する大変貴重なチョウになります。幼虫は、カンアオイの葉を食草としていますから、出現する地域はカンアオイが生育する地域に限定されてしまいます。
f0330321_20591430.jpg
近年は、宅地の造成やゴルフ場の開発で生息環境が破壊され、生息数が著しく減少していますから、この日訪れた相模原市では天然記念物に指定されて、ギフチョウが生息する環境全体が手厚く保護されています。
f0330321_20592038.jpg
枯葉の上に翅を休めていたギフチョウが舞い上がって、近くの芽生え始めたばかりの葉裏に留まってくれました。おかげで、翅の裏側の模様がよく分かる状態で撮影することが出来ました。
[PR]
by coffeeto1 | 2014-04-08 06:00 | 昆虫