森のコガラ

f0330321_2210529.jpg
今から10年くらい前は、バードウォッチングの面白さにどっぷりとはまり込んでいて、どんな鳥を見ても楽しいと感じていました。特にその頃は水辺の野鳥を追いかけることに傾注していて、炎暑の季節でも休みになると、田んぼ巡りをしてシギチを観察したり、海辺でアジサシ類の観察をするのが定例パターンとなっていました。クラクラするような暑さの中にいても、シギチやアジサシの仲間を観察することが面白かったのです。
今から思うとまだ年齢的に若いうえ、バードウォッチングに魅せられていましたから、暑さにめげることもなく、好んでそんな環境の中に飛び込んでいったと思います。でも、山登りをするようになって、山の涼しさにすっかり魅せられてしまいました。この頃では暑い平地で熱中症を心配しながら、野鳥観察する気持ちにはなれません....。そんな訳で7月最後の週末は、梅雨明けしたこともありましたから、猛暑の都会を離れ、山の中へ1泊2日の避暑を兼ねた自然観察に行ってきました。
今回は、山で出会ったコガラの写真を紹介します。
f0330321_229521.jpg
標高が100m高くなると、気温は0.6度下がると言われています。今回訪れた場所は標高1,400mほどの場所でしたから、例えば平地が35度になったとしても、この計算でいけば26.6度ということになりますから、クーラーの効いた室内にいるようなものです。
f0330321_2295991.jpg
日当たりの良い場所では、標高が高いといってもやはり暑さを感じますが、いったん日陰に入るとまるで別世界のような快適さです。山の中で涼しさを満喫しながら、のんびり週末を過ごすことができますから、こんなに有難いことはありません。
f0330321_2294321.jpg
おまけに、暇つぶし方々、カメラを担いで周囲を散策してくると、1日があっという間に終わってしまい、時間が足りないと感じるくらいです。
もう1日余裕があれば、心身ともにリフレッシュ出来て、最高のウィークエンドになると思うのですが、なかなか思うようにはいかないものです。
f0330321_22101112.jpg
今回も車中泊でしたから、朝起きて最初にやることは、車の脇にイスとテーブルを出して朝食の支度をすることでした。携帯コンロでお湯を沸かしてコーヒーを淹れ、野菜サラダとサンドイッチ、バナナとヨーグルトがこの日の朝食メニューでした。
f0330321_22101647.jpg
朝食を済ませて、緑深い森の中の散策路を歩くと、そこには野鳥たちの元気な姿が踊っていました。この辺りには、シジュウカラなどの仲間が多くいるようですが、たまたまコガラが群れで飛来してくれました。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-08-20 06:00 | 野鳥
<< 夏山のホオジロ 山のアカゲラ >>