上高地の山野草②

f0330321_17534938.jpg
山友と2人で槍ヶ岳(標高3,180m)に登ってきましたが、その途中で歩いた上高地で自然観察をしてきました。初めて訪れる上高地でしたが、思っていた以上に広い環境があり、自然が豊富に残されていました。今まで来なかったことが悔やまれるようなロケーションです。野鳥観察にも山野草の観察にも、チョウの観察にも恵まれた環境ですから、登山以外にもテントを担いで自然観察のために足を運んできたいと思います。
今回は、槍沢ロッジへ向かう途中に通過しながら観察したわけですが、その結果は前回〝上高地の山野草①〟として紹介してきました。でも、まだ紹介しきれない山野草がありますから、今回はその残りをまとめて紹介したいと思います。
さて、はじめに紹介する写真は河童橋の上から撮影したものですが、梓川の向こうに見える山並みは、西穂高岳(標高2,908m)から間ノ岳(標高2,907m)その奥のジャンダルムへと続き、右奥の奥穂高岳(標高3,190m)へと続く穂高連峰の山並みです。
f0330321_1753543.jpg
黄色くて小さな花を固めて咲かせていたこれはハクサンオミナエシです。図鑑を確認すると、別名コキンレイカとされていました。上高地から徳沢園まで続く林道沿いにたくさん咲いていました。
f0330321_17535944.jpg
こちらは五弁の白い花を咲かせていましたが、花弁の先が細かく切れ込んでいるところが特徴的なセンジュガンピです。この花も林道沿いで、所どころで群生していましたから、とてもよく目立つ山野草の一つでした。
f0330321_1754562.jpg
茎の上部で散房状に黄色い花をたくさんつけているキオンです。夏山に登れば、どこでも観察できる山野草です。分裂しない披針形の葉を互生させるのが特徴です。
f0330321_17541122.jpg
こちらはハナチダケサシの小群落です。話は変わりますが、今回、上高地までは山友の車で行ったわけですが、それまで乗っていた三菱デリカからホンダのオデッセイに買い替えていました。7人乗りのミニバンで、2列目のクレードルシートにはオットマンまでついていて、とてもゴージャスな車でした。
f0330321_17541699.jpg
山友の車はガソリン車でしたが、オデッセイのハイブリッド車はリッター当たりの走行距離が26kmという、ミニバンとしては驚異的な燃費性能を誇るということを知り、俄然この車が欲しくなってしまいました。でも、車両価格が400万円を超えてしまいますから、すぐにという訳にはいきません。さて、これもたくさん花を咲かせていたヨツバヒヨドリです。
f0330321_17542732.jpg
現在、私が乗っている車は、ホンダのスパイクのハイブリッドです。燃費性能は、リッター当たり21.6kmということですから、オデッセイのハイブリッドには敵いませんが、後席がフルフラットになりますから車中泊をするためには最適な車だと思っています。さてこれは、梓川の川沿いに咲いていたマルバダケブキの花になります。
f0330321_17543597.jpg
上高地の大正池は、大正4年に焼岳が噴火して梓川が塞き止められたためにできたということです。そのために、今の上高地が形作られていて、豊かな自然が残されてきたのだと思います。
これもたくさん咲いているのが確認できたミヤマヨメナです。
f0330321_17544036.jpg
川沿いに咲いていたイワアカバナです。よく似たミヤマアカバナもありますが、果柄に腺毛があるのがミヤマアカバナで、ないのがイワアカバナになるようです。
f0330321_17533977.jpg
大正池から少し上流にある田代池に近いところにあった湿原です。背景に穂高連峰を眺めながら、湿原も輝いていました。
f0330321_17545947.jpg
白い花穂を立てているのがサラシナショウマでしょうか。そして薄紫色の花を咲かせいてるのがヤチトリカブトです。これは、上高地というより槍沢ロッジに近いところで撮影したように記憶しています。
f0330321_17544611.jpg
薄紫色の花穂を立てていたのはクガイソウです。葉が茎に沿って輪生するところから、九蓋草の名前が付けられています。ブラシのような細長い花穂がよく目立っていました。
f0330321_17545323.jpg
鑓ヶ岳を目指して歩き始めた第1日目は、鑓沢ロッジで宿泊予定でしたから時間的に余裕がありました。そのため上高地でゆっくり自然観察ができましたが、この花は槍沢ロッジに近いところで撮影したと思います。ヤハズハハコになると思います。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-08-14 06:00 | 植物
<< 槍ヶ岳に登頂してきました 上高地の山野草① >>