人気ブログランキング |

御泉水自然園にて

f0330321_2214138.jpg
7月には海の日を絡めた3連休がありました。高山植物が咲く季節ですから、車中泊をしながら長野県の霧ヶ峰高原を歩き回って、タップリと自然観察することを計画していました。ところが、カミさんから 「今度はどこへ連れて行ってくれるの?」 というリクエストが出たことから、ペット連れの家族旅行に変更することになりました。急いでペット同宿可能なところはないかと探してみたところ、運良く数年前に利用した蓼科の温泉付きのペンションに予約が取れました。2泊目はこれまで何回か利用している霧ヶ峰の温泉付きロッジに決まり、何とか格好をつけることが出来ました。
f0330321_22143592.jpg
さて、宿が決まったところで、それではチョコちゃんを連れてどこで遊んでくるかが問題です。私の自然観察のスケジュールも合わせて考えたいところですが、この頃は、自然公園などペットが入れない所が増えていて、気軽に出かけられません。事前にネット検索で確認して、チョコちゃんと一緒に安心して遊べる施設を探してみました。
f0330321_2214423.jpg
見てください。ゴンドラリフトに乗車してご満悦のチョコちゃんです。
本当は、北八ヶ岳ロープウェイを利用して坪庭に登り、高山植物を観察しながら散策することができれば良かったのですが、今はペットの乗車ができなくなりました。残念ですが仕方ありません。それで最終的に蓼科山の中腹にある、御泉水自然園で遊んでくることにしました。
f0330321_2219740.jpg
ピラタスの丘にあるペンションからビーナスラインを経由して、直接自然園の駐車場まで到達できますが、女神湖にほど近い蓼科牧場からゴンドラリフトを利用すれば、高原のパノラマ展望も堪能できます。この方が一粒で二度美味しい感じがします。間もなくゴンドラ山頂駅に着くところですが、この後突然雨に降られてしまいました。一時的とはいえ、駐車場に隣接した食堂やお土産品などを売る施設に避難しました。
f0330321_22154342.jpg
こちらはイブキジャコウソウです。山地から高山帯に自生する高山植物です。このように岩場などに群生することが多いようです。花は小さいですが、密集して咲くのでよく目立ちます。
f0330321_22151186.jpg
イブキジャコウソウは、図鑑で確認すると越冬性の矮性低木とされていますから、高山植物というより樹木の仲間なんですね。低地から高山帯の岩場や乾いた草地に生えるということで、垂直分布が広いようです。近くによるとハッカやミントに似た香りがするという事ですが、この時は雨模様だった事もあり、確認する事はできませんでした。
f0330321_22145786.jpg
こちらは総状の白い花を咲かせていたヤマブキショウマです。雌雄異株という事ですが、雄花は比較的ボリューム感があり、雌花はそれより貧相な感じですから、これは雄花になるでしょうか?
f0330321_2215432.jpg
標高1,800mを超える高原地帯にある御泉水自然園を歩き回ってきましたが、園内のいたるところで、このヤマブキショウマを観察する事が出来ました。今がまさに旬という感じでした。
f0330321_22151842.jpg
こちらは、紫色の唇状の花を咲かせていたウツボグサです。海に生息するウツボには関係なく、花穂の形がその昔武士が戦で使う弓矢の矢を入れておく、ウツボという武具に似た形をしていたところから、この名前が付けられたようです。
f0330321_22152568.jpg
タンポポの花かと思いましたが、葉の形に注目すると全く違う形状をしていました。名前もわからないままとりあえず撮影して、帰ってから図鑑で調べてみたら、ミヤマコウゾリナになることが分かりました。総苞には黒い剛毛の他に白い毛が混じり、茎にも白い毛が多いところが特徴となるようです。
f0330321_22153530.jpg
ミヤマコウゾリナは日本固有種で、亜高山から高山帯で稜線の東側斜面など多雪の環境に生える高山植物であるようです。でも、ここでは普通に草地に生えていましたから、この辺りの冬の環境はかなり厳しいものであると思います。
f0330321_22155216.jpg
駐車場わきの売店で雨宿りした後、天気が回復してくれましたから竜ヶ峰周路を散策してみたところ、ササ薮の中にこのヤマホタルブクロの花を見つけることが出来ました。
f0330321_2216059.jpg
園内の伏水湿性植生の中に、水を汲める場所がありましたが、そのすぐ脇に咲いていたヤマオダマキの花です。赤紫色味のない、クリーム色系統だけの花で、周囲の緑の中でも、彩りが綺麗でした。
f0330321_2216616.jpg
こちらも同じ場所に咲いていたノアザミの花です。まだ花期はこれからだと思いますが、咲き始めたばかりのところを撮影したものです。まっすぐ上を向いて花を咲かせるのがノアザミの特徴ですね。
by coffeeto1 | 2016-08-06 06:00 | 植物
<< 緑陰のビンズイ 池の平湿原のチョウ達 >>