乙女高原の山野草

f0330321_1921356.jpg
7月最初の日曜日は、自然観察のため山梨県の乙女高原へ遊びに行ってきました。土曜日に用事があったので、この日は日帰りのスケジュールになってしまいました。朝4時半頃自宅を出発して、現地に到着したのは午前7時過ぎになってしまいましたが、お天気にも恵まれ、1日たっぷりと楽しんでくることが出来ました。この場所は、標高1,600メートルから1,700メートルの高原に位置していますから、都内の蒸し暑さから比べると、エアコンの効いた部屋に入っているような気持ちの良い環境です。グリーンロッジの周辺にはトイレも整備されていましたから、こんな場所であれば、車中泊でゆっくりと過ごして来れば良かったのですが、思うようにはならないものです。
さて、この時期の高原にはアヤメの花がたくさん咲いていて、体で感じる涼しさだけでなく、見た目にも爽やかさを感じさせてくれました。この写真は、オリンパスのミラーレス一眼 E-M5mkII + M.40-150mmF2.8 PRO で撮影したものですが、さすがに評価の高いPROレンズだけあって、名前の由来になっている花弁基部の網目模様が、くっきりと写っています。
f0330321_19215850.jpg
こちらも草原に咲いていたアヤメの花ですが、撮影に使用したした機材はオリンパス E-M1 + M.300mmF4 PRO の組み合わせです。このレンズもPROレンズとして大変評価の高いものですから、その解像力は十分に納得できるレベルにあると実感しています。
f0330321_19211562.jpg
今回足を運んだ乙女高原は、中央高速道の勝沼インターから雁坂みちを登り、牧丘トンネル南交差点を左折して、あとはひたすら道なりに走ると行き当たります。標高1,600mを超える高原ですから、梅雨明け前後の高山植物が満開となる頃に訪れたら、素晴らしい花畑を鑑賞することが出来ると思います。この時はまだ時期が少し早く、このヨツバヒヨドリもやっと蕾を膨らませて、開花に備えているような状態でした。
f0330321_19211026.jpg
アザミの花もこれからでしょうか? 花弁を開き始めているアザミの花です。上向きに花を咲かせるところから、ノアザミではないかと思うのですが、アザミの花にもいろいろな種類がありますから、見分けるのが難しいですね。私には識別の苦手な花の一つになります。
f0330321_19212054.jpg
ツヤツヤした5弁の黄色い花びらが特徴的なキンポウゲの花です。これは割合たくさん目につきました。二つ上のヨツバヒヨドリからこのキンポウゲまで撮影に使用した機材は、E-M5mkII + M.40-150mmF2.8 PRO になります。
f0330321_192237.jpg
こちらは、オオヤマフスマになります。とてもたくさんの花が咲いていましたが、普通に撮影したら、単なる山野草で終わってしまうところです。それで趣向を変えて、M.300mmF4 PRO を使用して、背景に浮かび上がる映像を狙ってみたのがこの写真になります。
f0330321_19212542.jpg
こちらは、ミゾホオズキになります。乙女高原から湿地帯まで下ってきました。野生の鹿と遭遇するなど自然が色濃く残るところでした。また高原まで戻ろうと、谷筋の鬱蒼とした山道を登っていた時、木漏れ日が当たる登山道の脇に黄色く可愛い花が咲いているのを見つけました。ここで一息入れながら、M.40-150mmF2.8 PRO で撮影しました。
f0330321_19214056.jpg
ここを訪れた7月初旬は、まだ花の最盛期ではありません。時期的に少し早かったようです。それでも歩きながら探していると、幾つかの花が見つかりました。これはヤマブキショウマですが、よく目に付く花の一つでした。
f0330321_192134100.jpg
頭部に小さくて黄色い花をたくさん咲かせています。深く切れ込んだ葉の形からサワギクであることが分かりました。乙女高原から湿地帯に下ったところで、谷川を渡る橋の脇に咲いているのを見つけました。距離が近いところに咲いていましたからM.40-150mmF2.8 PRO で撮影してみました。
f0330321_1921465.jpg
こちらは乙女高原の深い草むらの中に咲いていたミヤマハタザオです。目立たない花である上、周囲に草が密生していてうるさい状況でしたから、わざと距離をとって M.300mmF4 PRO で撮影してみました。
f0330321_19215226.jpg
広い草原の中に、やや大きめでボリューム感のある、黄色い花を見つけました。キンバイソウです。散策路から離れて、少し距離がありましたから、ここでは躊躇なくM.300mmF4 PRO を使って撮影しました。
f0330321_1922890.jpg
ヤマオダマキですが、いまがちょうど花の盛りのように、草原ではたくさん観察することが出来ました。これも周囲の草むらがうるさい状況でしたから、M.300mmF4 PRO で撮影してみました。
f0330321_19221335.jpg
このヤマオダマキの撮影に使用したオリンパスの M.300mmF4 PRO は、解像力の高さでは定評があり、これから野鳥写真の撮影に活用するつもりですが、最短撮影距離が1.4mということで、最大撮影倍率は0.24倍になります。35mm版換算では0.48倍になりますから、花や昆虫の撮影にはマクロ的な撮影も可能で、大変重宝するレンズであると思います。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-07-22 06:00 | 植物
<< 乙女高原にいたチョウと昆虫 高原にいたモズ >>