人気ブログランキング |

森のビンズイ

f0330321_2373442.jpg
7月最初の土曜日はとても良いお天気に恵まれましたが、大学時代の旧友と会う約束があったので、泊りがけの遠征をしてくることが出来ませんでした。そこがちょっと残念だったのですが、翌日の日曜日の天気予報を見ると、雨が降る予想ではなかったことから、日帰りで山梨県下の高原へ、野鳥観察と山野草観察のために足を運んでくることにしました。初めて行く場所ですから、現地の情報は殆どありません。あまり名前も知られていない場所ですから、期待外れの空振りとなる可能性もありますが、標高1,600メートルを超える高原ですから、行けば何かしらの成果を上げることができるものと思います。失敗を恐れて動かなければ、結果を残すことが出来ませんから、とにかく行動に移してみることにしました。午前4時半には自宅を出発して、午前7時過ぎには現地へ到着することが出来ました。ひんやりと涼しい陽気で、お天気も良さそうです。
f0330321_2372245.jpg
到着して直ぐに出迎えてくれたのはゴジュウカラでした。車を停めた駐車場の直ぐそばで、到着早々撮影することが出来ましたが、近くで鳴いていたキビタキや高原で観察できるだろうと期待していたノビタキには振られてしまいました。
f0330321_2374084.jpg
この高原には、散策路が作りれていて、山野草観察には便利なところです。少し下ったところに湿地帯があって木道も整備されているようですから、そこまで足を運んでみたところ、途中の森の中でこのビンズイを撮影することが出来ました。
f0330321_2372877.jpg
今回、高原歩きをしながら野鳥写真と山野草写真を撮影をしてこようと思った最大の理由は、オリンパスの300mmF4 PROと、40-150mmF2.8 PRO を使用してみることにあったのです。特にサンヨンPROレンズを本格使用するのが今回の最大の目的でした。
f0330321_237152.jpg
サンヨンPROレンズを最大限に使用できるよう、三脚もジッツォのマウンテニア4段の1.7キロのものに替えましたから、総重量は4キロ強となり、これまで使用してきたサンニッパのシステム一式から比べると、半分くらいの重量に抑えられるようになりました。
f0330321_2374454.jpg
サンヨンの新しい機材一式を担いで高原を歩き回ってきましたが、とにかく軽くなって山道歩きが苦になりません。それに、画像のシャープさに定評あるレンズで撮影できますから、気持ちもウキウキの楽しい撮影行となりました。これから暫くは、そんな機材での結果報告となります。
by coffeeto1 | 2016-07-20 06:00 | 野鳥
<< 高原にいたモズ サンコウチョウとオオバジャノヒゲ >>