メスグロヒョウモンとウスバシロチョウ

f0330321_21554828.jpg
7月18日の月曜日は海の日で休日になります。山野に野鳥が踊り、高山植物も観察の適期ですから、大変貴重な3連休ということになります。でも、残念なことにこの3連休の天気予報は雨マークがついていて、野外観察に出掛けるにはちょっと不向きなようです。以前からこの連休中には、高原で繁殖する野鳥や高山植物の観察をしようと計画を練っていましたが、カミさんからの要望を受けて、チョコちゃんを連れて家族旅行に行くことになりました。行く先はもちろん、長野県の高原です。上手い具合にペットと泊まれるペンションの予約が取れました。特に2日目のお宿は、カミさんの要望が強い天然温泉がありますから、少々天気が悪くても、のんびり骨休めをしてくることが出来そうです。どんな結果になるか、機会があったらこのブログで紹介してみたいと思います。
さて、今回紹介するのはチョウの仲間ですが、初めはメスグロヒョウモンの♀です。
f0330321_21553275.jpg
先月のことになってしまいますが、野鳥観察のため戸隠森林植物園を訪れた時、野鳥を探しながら歩いていた木道の直ぐ脇を飛来していたものです。上手い具合に葉の上に留まって、翅を休めてくれました。
f0330321_21554227.jpg
このシックな色合いは、一目でメスグロヒョウモンの♀とわかる色合いです。♂の個体は、他のヒョウモンチョウの仲間と同じように黄橙色の地に黒いヒョウ斑がありますが、♀の個体はこのように全く異なった容姿をしています。
f0330321_21555480.jpg
こちらのチョウは、ウスバシロチョウですね。一見モンシロチョウなどと同じ、シロチョウ科に属するチョウであるように見えますが、実際はアゲハチョウ科に属するチョウになります。
f0330321_21555988.jpg
戸隠森林植物園の中央広場から木道を歩き始めたところ、すぐ脇の葉の上にウスバシロチョウが留っているのを見つけました。写真を撮っていたら、もう1頭が飛来して絡まった姿勢で留まりました。よく見ると、♂と♀が交尾した状態であることが分かりました。
f0330321_2156540.jpg
野鳥観察を主目的として足を運んできた戸隠森林植物園でしたが、ここでは山野草のほか、チョウやトンボの仲間もたくさん観察できました。そんな様子を撮影していると、1日がアッという間に過ぎ去ってしまいました。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-07-16 06:00 | 昆虫
<< コサメビタキとキビタキ ノジコも跳ねる >>