人気ブログランキング |

杭の上のミソサザイ

f0330321_2044673.jpg
先週末は、土曜日が雨に降られて酷い1日になりましたが、日曜日は一転して良いお天気に恵まれました。30度を越す真夏日になって、都内も不快指数がグングン上がったことと思いますが、そんな天気予報を聞いて、土曜日は昼飯を自宅で食べて、午後から移動日とし山へ向かう道に車を走らせていました。峠の駐車場で車中泊をして、翌日は朝一番から1日、標高2,000メートルの高層湿原で高山植物の撮影に没頭していました。都内の猛暑とは全く関係ない、気温が20度前後の涼しい環境は別世界で、好きな高山植物を1日楽しんでこられたことは、山歩きの醍醐味以外の何物でもありません。再び都内の蒸し暑い環境に戻り、辟易として山の涼しさを懐かしみながらこのコメントを書き込んでいます。
さて、今回紹介するのは、もう1ヶ月も前になってしまいますが、長野県の戸隠森林植物園で撮影したミソサザイを紹介したいと思います。
f0330321_20442538.jpg
6月中旬の週末に合わせて、月曜日に代休を貰って奥裾花自然園と戸隠森林植物園を回ってきました。初めて足を運ぶ奥裾花自然園で2日間を、戸隠森林植物園で1日を使いましたが、平日の月曜日であったこともあり、戸隠森林植物園はとても静かな環境でした。
f0330321_20443777.jpg
静かな植物園の中の散策路を歩くと、周囲にたくさんの野鳥達が姿を見せてくれました。その中で特に身近に姿を見せてくれたのがこのミソサザイでした。とても大きな声で囀っているのですが、それも遊歩道の杭やそれを繋ぐロープの上なのです。近過ぎますから、こちらが下がって撮影するくらいでした。
f0330321_20442050.jpg
尾羽をピンと立てて、ミソサザイお得意のポーズを取っています。地味で目立たない羽衣をしていますが、小さな野鳥の割にはさえずりの声は驚くほど大きく、静かな森の中に響き渡っていきます。
f0330321_20441329.jpg
近い近い、これは近過ぎます。ミズバショウ園の脇の遊歩道を歩いてゆくと、先ほどまで囀っていたミソサザイが近くの杭の上に飛来してくれました。あまりの近さにこちらが戸惑い、思わず後ずさりしながら撮影しました。
f0330321_20443084.jpg
この日は、ミソサザイばかり何回も撮影することが出来ました。それも、全て遊歩道の杭の上に留まっているのです。ほとんど人が来ない静かな植物園では、こんなこともあるものですね。ミソサザイの方が、撮ってくれとばかりにアピールしているようでした。
by coffeeto1 | 2016-07-13 06:00 | 野鳥
<< 高原のアオジ 若葉に包まれたキビタキ >>