ヒガラが遊ぶ

f0330321_20222454.jpg
うっとおしい梅雨空の日が続きますが、今日も朝から雨模様です。こんな日に限って、仕事で外回りをしなければなりませんから、気が滅入ってしまいます。でも、嫌な仕事ではありませんから、気持ちを奮い立たせて、足を運ぶことにします。これで週末が良いお天気になってくれたら言うことないんですが、今度の週末は雨に祟られそうです。雨対策を考えておかなければなりませんが、雨でも楽しめるフィールドが何処かにないものでしょうか?
梅雨入り直後の週末に、赤城山の中腹まで出かけてみましたが、この時は良いお天気に恵まれて、色々な野鳥との出会いを楽しんでくることが出来ました。
f0330321_2022814.jpg
この日は、何時ものようにオリンパスのミラーレス一眼である、マイクロフォーサーズの E-M1 とED300mmF2.8 の組み合わせにEC-14 のテレコンを付けて、ジッツォの三脚に載せたフォーク型雲台にセットしました。これを担いで山道を辿りながら撮影してきましたが、小型軽量とはいえ、肩に負担が掛かります。
f0330321_20221987.jpg
フォーサーズ規格ですから、35mm版換算で2倍の画角が得られます。この組み合わせだと、840mm相当の画像が撮影できます。しかし、マイクロフォーサーズとはいえ、これを担いで1日歩き回るのは骨の折れる仕事です。
f0330321_20221492.jpg
散策路を歩いていると、そのすぐ先に野鳥が飛来してくれました。慌てて三脚を立て、レンズを向けたところ、ファインダーの中にヒガラの姿が入っていました。
f0330321_202201.jpg
カラ類の仲間は、それぞれ特徴のある羽衣をしています。コガラはベレー帽を被り、シジュウカラはネクタイを締めていますが、このヒガラは蝶ネクタイといったところでしょうか。山道を歩くと、ヒガラのさえずりの声が耳に心地良く響きます。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-06-25 06:00 | 野鳥
<< コルリとヤマキマダラヒカゲ モズのペアがいました >>