新緑に映えるヤマガラ

f0330321_17401623.jpg
新緑の中を、渓流に沿って散策するのはとても気持ちが良いものです。若葉だけでなく、山野草もたくさん咲いていますから、それらを一つひとつ観察しながら足を進めるのも、とても楽しい事ですが、渓谷を流れる水音を聞きながら、野鳥のさえずりに耳を傾けるのもまた、楽しみがあります。特に、渡ってきたばかりの夏鳥たちの、賑やかなさえずりの歓迎を受けると、それを聞いただけでも気持ちがウキウキしてきます。この声はオオルリだ、こっちはキビタキだ、遠くからクロツグミの複雑なさえずりも聞こえてきます。どこにいるか探してみるのもまた面白いものですね。でも、声のする方へ耳を傾け、目を凝らしてもなかなか見つからない事がほとんどですが、それでも時には、声より先に姿が目に入る事もあります。そんな自然観察を楽しみながら、渓谷を散策していると、1日があっという間に過ぎていきます。
f0330321_1740686.jpg
岩がゴロゴロした急坂の途中に、コスミレの花がたくさん咲いていました。こんなのを見つけると、どうしても写真に撮りたくなってしまいます。ザックを降ろして地べたに這いつくばるようにして撮影していたら、頭上から聞き慣れたヤマガラの声が聞こえてきました。
f0330321_1740111.jpg
顔をあげてみると、直ぐそこの若葉の中にヤマガラが2羽で飛来して、しきりに鳴きながら遊んでいるところでした。コスミレの撮影は後回しにして、三脚に載せた望遠レンズを振り向けます。
f0330321_174003.jpg
ところがこのヤマガラはチョコチョコとよく動き回りますから、なかなかファインダーの中に入ってくれません。焦れったい思いをしながらカメラで追いかけますが、近くに飛来してくれた割には、あまり多くの写真を撮ることが出来ませんでした。
f0330321_17395285.jpg
何かを咥えていますが、餌となるものが見つかったようです。枝に止まってちょうど良いポーズをとってくれましたが、残念ながら枝被りの写真になってしまいました。
f0330321_17402170.jpg
ひとしきり遊び回ったヤマガラたちは、やがて高い枝先に飛び上がり、そのまま何れかへ飛び去ってしまいました。思うように撮影できなくて残念でしたが、気持ちは早くも足元のコスミレの撮影に切り替わっていました。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-05-10 06:00 | 野鳥 | Comments(0)
<< 渓谷にキバシリもいた 枝先のセンダイムシクイ >>