人気ブログランキング |

茂みにいたヤマシギ

f0330321_2040487.jpg
今朝、出勤のために家を出ると、太陽の光が眩しく照りつけていました。冷え込んでいましたが良いお天気で、とても清々しい気持ちにさせてくれました。つい先日まで、家を出る時はまだ少し薄暗いような状況でしたから、ずいぶん日足が伸びてきたと、季節の移ろいを実感させてくれます。立春を過ぎて、いよいよ季節は春へと動き始めているようですね。スプリングエフェメラル達が躍動を始めるのも、もう間も無くのことでしょう。駅へ向かう足取りが、今朝はとても軽くなったような気がしています。気持ちが晴れやかになりますから、仕事への意欲も湧いてくるようです。
f0330321_20402249.jpg
これは、先日足を運んだ公園で撮影することができたヤマシギです。お昼前に到着して、そこにいたカメラマンに聞いたところ居場所は直ぐにわかりました。でも、うずくまったままで動きがありません。
f0330321_20403061.jpg
茂みの中に僅かに背面の羽の模様が見えるだけでしたから、とても撮影できるような状況ではありません。時折、姿勢を変えるように少し動くことがありましたが、移動するような様子は全く見られません。果たしてこんな状況で撮影のチャンスは有るのだろうか? 不安が募る時間が過ぎていきます。
f0330321_20404217.jpg
動かないヤマシギに痺れを切らし、園内の池でミコアイサの写真を撮ったり、草原でホオジロやシメの写真などを撮りながら時間を使います。そういえば、カシラダカも随分たくさん群れていました。
f0330321_20405832.jpg
この日のお昼は公園の日溜まりで、レトルトのハンバーグとお握り2個パックにコールスローサラダという取り合わせです。携帯コンロでハンバーグを温め、暖かいみそ汁をつければ、立派なランチメニューとなりました。おまけにデザートにミックスフルーツゼリーとくればもういうことはありません。食後のコーヒーも美味しくいただきました。
f0330321_20405386.jpg
ところで、お目当てのヤマシギですが、半日ずっと待ち続けて夕方暗くなる直前に動きがありました。午後4時過ぎになってやっと動き始めてくれましたから、それからが撮影会の始まりとなりました。茂みの奥に姿を隠すまで短い時間でしたが、撮影のチャンスが巡ってきました。
f0330321_20403646.jpg
それまで動きのなかったヤマシギが、全身を現してくれました。距離もそんなに遠くありませんから、これはまたと無いチャンスです。薄暗くなってしまいましたから、オリンパス E-M1 と ED 300mm F2.8+EC-14 の組み合わせでしたが、カメラのISO感度を6400まで上げて、たくさん撮影させてもらいました。
by coffeeto1 | 2016-02-08 06:00 | 野鳥
<< シメがいた 草原のホオジロ >>