緑地公園の野鳥達@清瀬

f0330321_15173595.jpg
今年初めての3連休の後で、都内には初雪が降って急に寒くなりました。暖冬と言われていた今シーズンですが、氷点下の気温も観測するようになり、まさに冬本番の冷え込みが到来したという感じです。出勤する時には、登山用のアンダーウェアを着用して寒さ対策を講じましたが、普通の下着を着用するより保温力があるので、これからの時期には欠かせないアイテムになります。
さて、その3連休ですが、野鳥写真を撮影するために長野県の山に入ってきました。当初は車中泊で2泊3日の予定を立て、食料なども買い込んだのですが、とても冷え込んで朝起きたら窓ガラスの内側がガチガチに凍りついてしまうほどでした。2日目にはお目当ての野鳥が撮影できましたから、2泊の予定を1泊に変更して帰京しました。今シーズンは、厳冬期用の寝袋を購入しましたから、寒くて目が醒めることはなかったのですが、車内の窓ガラスの凍結は強烈で、さすがに2泊目は勘弁してもらいたくなりました。
その時撮影した野鳥写真は、またこのブログで紹介する予定ですが、今回は正月休みの最終日に足を運んだ、緑地公園で撮影した野鳥写真を紹介します。
f0330321_15174155.jpg
まず最初はジョウビタキの♀ですが、これはシベリアアオジの出現を待つ間、近くの立木に飛来してくれたところです。そんなに近い距離ではありませんが、光線状態が順光でしたから、撮影しやすい状況でした。
f0330321_15171182.jpg
これはヒヨドリですが、やはりシベリアアオジを待っている間に撮影したものです。こちらは割合近いところに留まってくれました。普通なら何だ、ヒヨドリかで終わってしまうところですが、この時は待つ時間が長くて退屈しのぎに撮影した感じです。
f0330321_15175383.jpg
向こうの梢の上にシメが飛来して留まってくれました。葉のすっかり落ちた枝先ですから、その姿はとても良く見えます。しばらく辺りを見回しながら、羽を休めていました。これも少し距離がありましたが、順光の撮影しやすい状況に救われました。
f0330321_15175861.jpg
そのシメに向けてシャッターを切っていると、偶然ですが留まっていた枝先から飛び立ちました。連写していたので、飛び立つ瞬間が写し止められていました。意図していないカットですが、翼に見える白い翼帯も確認できます。
f0330321_15189100.jpg
なかなか姿を見せてくれないシベリアアオジに痺れを切らせて、公園内を散策してみることにしました。せっかく足を運んできた公園ですから、その概要を把握しておきたいと思ったのです。木道が設置された大きな池には、アシなどの湿生植物が茂っていましたが、その間から間近にカワセミの姿を確認することができました。
f0330321_15171863.jpg
メジロも随分賑やかに飛び回っていました。こちらは動きがありますから、ファインダーの中に入れるのも大変です。たまたま、枝先でジッとしてくれましたから、ここが撮影のチャンスです。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-01-16 06:00 | 野鳥
<< アオジをよく見ましょう@清瀬 亜種シベリアアオジ@清瀬 >>