束の間のキバラガラ@銚子

f0330321_2074819.jpg
元日から続いた春のような陽気もここへ来て一段落して、ほぼ平年並みの気温に戻りつつあるようです。でも、この正月中にお天気番組を見ていたら、何処そこで20度を超えたとか、3月下旬から4月上旬の気温を記録し続けているなどと放送していますから、やはり地球温暖化に伴う異常気象の現われなんでしょうか? 寒いのは苦手な私ですから、暖かい方向にズレてくれるのは助かりますが、これによって何か被害が出るのも、また困りものであります。
この異常気象の影響があるかどうかは分かりませんが、鳥友さんから、銚子の君ヶ浜にキバラガラが出ていると教えてもらったのは、昨年の12月12日のことでした。年末の忙しい時期でもあり、週末に仕事が入ったり、法事があったりで対応が取れなかったのですが、前回紹介したコクガンと抱き合わせで観察できると聞いて、早速出掛けてみることにしました。
f0330321_2075929.jpg
この日、最初に足を運んだのは、漁港に入っているコクガンの方でした。話によれば、比較的簡単に撮影できるということでしたから、先にゲットして、そのあとゆっくりキバラガラを探そうという計画を立てたわけです。
f0330321_208877.jpg
キバラガラが出ているというのは、銚子の君ヶ浜になるわけですが、ここは場所が広くてポイントを絞り切れません。到着した初日は午後から3時間くらい探し回りましたが、そこは見当違いの場所であったようです。
f0330321_2081364.jpg
君ヶ浜の駐車場で車中泊して、翌日は朝からポイントを変えて探し回りましたが、丸1日探し回って、キバラガラと遭遇できたのは、この1回だけでした。カラ類の混群に交じって行動しているようです。見え難い松の枝先で思いっきり被っている上、逆光の状態でしたからこんな感じの写真しか写すことが出来ませんでした。
f0330321_208191.jpg
ここでは、松の実を咥え取ったところが撮影できましたが、君ヶ浜の広い環境の中で、たった1羽のキバラガラと遭遇するのは、粘り強さとともに運の強さが大きく左右すると痛感させられた1日でした。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-01-10 06:00 | 野鳥
<< メジロが踊る@銚子 漁港のコクガン~その2@旭 >>