人気ブログランキング |

漁港のコクガン~その2@旭

f0330321_19214075.jpg
長いことその発表を待ち望んでいたオリンパスの超望遠レンズED 300mm F4 IS PRO の発表がありました。マイクロフォーサーズ仕様ですから、35mm版換算600mm(ロクヨン)相当の撮影ができるレンズですが、その重量は1,475グラムと期待していたものより少し重いものとなりました。これを担いで気軽に野山を歩き回ることを想定していたので、ちょっと重いかなとは思いますが、今使用しているフォーサーズ仕様の ED 300mmF2.8 に比較すると半分以下の重量ですから、代替機種としては十分なものであると思います。それよりも、レンズ内に手振れ補正を搭載していて、E-M1のボディ内の手振れ補正と合わせた5軸シンクロ手振れ補正は、6段分の効果があるということですから、これなら手持ち撮影にも十分対応できるものになるでしょう。レンズ構成もスーパーEDレンズやHRレンズをふんだんに使って、フォーサーズ仕様のスーパーハイグレード(SHG)レンズを超える解像力を誇ると謳っていますから、その実力はこれまでにない映像を提供してくれるものと、期待が大きく膨らみます。
f0330321_19211523.jpg
ただ、値段が当初の予想より高くなってしまいました。20万円以下で販売されたら嬉しいと思っていたのですが、メーカー希望小売価格は370,000円(税込399,600円)で、実売価格は30万円を切るくらいといったところでしょうか。....カミさんに内緒のヘソクリをつぎ込まなければなりません。σ(^_^;)
f0330321_19212182.jpg
この日漁港で観察したコクガンは、海中から続いているスロープ状の船着き場に付着した海藻(海苔でしょうか?)を啄ばむのに忙しく、あまり目立った動きを見せてくれませんでしたが、しばらく観察していたら港湾内の海面に浮かんだり、こうして翼を広げて羽ばたく様子も観察させてくれました。
f0330321_19203848.jpg
この日撮影に使用した機材は、オリンパス E-M1+ED300mmF2.8+EC14 を使用していましたが、これにマンフロットのフォーク型雲台を載せたジッツオのカーボン三脚という組み合わせで、総重量は8kgほどになります。据え置きで使用するには問題ありませんが、これを担いで1日歩き回るとさすがに草臥れます。(^^;;
f0330321_1921542.jpg
このシステムを使用して撮影する写真は、私のブログで紹介するには十分な画像を提供してくれるものですから、大変満足していますが、歳とともにより軽量なシステムが欲しくなるのは仕方のないところです。
f0330321_19202551.jpg
そんな意味で、今回発表になった300mmF4 PROレンズは、開発発表の時からとても待ち焦がれたものになりました。まだ暫らくは現在使っている300mmF2.8 が主力であろうと思われますが、E-M1の後継機の新しいボディが発売されて、更に性能が向上すれば、将来的には私の使用するメイン機材になるのは間違いないと思います。楽しみです。
by coffeeto1 | 2016-01-09 06:00 | 野鳥
<< 束の間のキバラガラ@銚子 クロガモのディスプレイ@旭 >>