明けましてカワセミです@川崎

f0330321_19534716.jpg
明けましておめでとうございます。平成28年の新春を寿ぎ、皆様の増々のご健康とご多幸を祈念申し上げて、この1年が良い年であることを心からお願いいたします。さて、どんな1年になりますことでしょうか。
昨年最後の日曜日に、川崎市の公園へバードウォッチングに出掛けてきました。一番のお目当ては、前回、前々回と続けて紹介したオジロビタキだったのですが、早々に撮影することが出来ましたから、あとはどんな野鳥が観察できるか、お昼を挟んで夕方まで1日を楽しんできました。初めて訪れる公園でしたが、湿性植物園、斜面林、草原など色々な環境が混在する面白いところだと思いました。今回は、公園内を流れる小川で撮影することが出来た、カワセミを紹介してみたいと思います。
f0330321_19533289.jpg
このカワセミを撮影したのは、もう夕方もだいぶ遅くなった時間帯で、そろそろ陽が傾き始めてきたように思います。1日のアウトドアライフを楽しみ、駐車場へ戻ろうと脚を進めていたところ、散策路脇の小川の縁にこのカワセミがいたのです。
f0330321_19535365.jpg
これまで、カワセミを撮影するのは、決まって水辺に張り出した木の枝の上でした。それが、ここには適当な場所がなかったのでしょうか、このカワセミ君はこんな川の縁の苔むした石に留まって、小川の中へ飛び込むことを繰り返していました。
f0330321_19534050.jpg
何度も小川の中に飛び込んでいましたが、一体何を捕らえているのでしょうか、水から上がってきた瞬間を狙ってシャッターを押してみたところ、くちばしの先には小エビが咥えられていました。
f0330321_19535948.jpg
魚など棲んでいそうもない本当に小さな流れでしたから、何故こんな所でカワセミが採餌活動をしているかちょっと疑問でもありましたが、捕らえた獲物を見て納得しました。枝止まりではない、石止まりのカワセミの勇姿です。
f0330321_19532227.jpg
今度も小エビを捕らえてきたようですね。こんな森の中を流れる小川によくいるものだと思うくらい、飛び込むたびに小エビを捕らえて戻ってきました。近くの木道の上からカメラを構えていましたが、お陰で暫く私の撮影のお相手になってくれました。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-01-01 06:00 | 野鳥
<< 間近なシロハラ@川崎 オジロビタキの餌取り@川崎 >>