架線のチョウゲンボウ@上越

f0330321_2227064.jpg
新潟県の上越市にある朝日池で、ガンの仲間を観察しようと、撮影旁々の遠征をしてきた結果について紹介を続けてきましたが、一応今回で最後にしておきたいと思います。まだ紹介しきれない写真がありますが、ほかの探鳥地で撮影した写真が溜まっています。
今回紹介するのは、ガンの仲間が降りている田んぼを探しながら農道を走っていた時に、すぐそばの電線に留まってくれたチョウゲンボウです。上越市の田園地帯では、トビやノスリなどの猛禽類がたくさん観察できましたが、このチョウゲンボウもよく姿を見せてくれました。
f0330321_22271658.jpg
この辺りで猛禽類が多く観察できたというのは、自然環境がよく残っていて、タカ類が狩りをする餌場に恵まれているからにほかありません。ここでは、車のすぐ上を飛翔したチョウゲンボウが、農道脇を走る北越急行の架線に留ってくれましたから、思いがけないシャッターチャンスに恵まれました。
f0330321_22271063.jpg
チョウゲンボウの♂は、頭部が青灰色で尾羽にも青色味がありますが、この架線に留まってくれた個体は、頭部も尾羽も茶褐色ですから、これは♀の個体になりますね。
f0330321_2227598.jpg
チョウゲンボウもハヤブサも同じですが、♀の個体でも、立派なよく目立つ頬ヒゲがあります。もっともこれは人間のヒゲと同じものではなくて、羽の模様の一つですが、感覚的にはヒゲに見えてしまいますね。f^_^;
[PR]
by coffeeto1 | 2015-12-13 06:00 | 野鳥
<< ハイイロチュウヒ舞う@渡良瀬 コハクチョウ@上越 >>