ヒシクイとオオヒシクイ@上越

f0330321_2235172.jpg
日本に飛来するヒシクイの仲間の約8割は、オオヒシクイであると言われています。とすると、ただのヒシクイは約2割程度ということになりますが、本当にそうなんでしょうか? 11月の三連休に足を運んだ新潟県の朝日池ではたくさんの写真を撮影してきましたが、そこに写っていたヒシクイの仲間の殆どはオオヒシクイばかりでした。では、その中にヒシクイも混じっているのでしょうか。もう一度写真を見比べながら確認してみることにしました。この写真の中央から右側にかけて重なって写っている3個体と、左側に写っている個体では、くちばしの形状が違うと思います。これがヒシクイとオオヒシクイの違いでしょうか?
f0330321_224049.jpg
水面で翼を広げて羽ばたいてくれたところです。この個体のくちばしの形状に注目すると、額からくちばしの先端を結ぶシルエットがほぼ一直線で、くちばしの付け根に段差があるとは言えませんから、これはオオヒシクイであろうと思われます。
f0330321_224711.jpg
こちらは3個体が固まって写っていますが、正面側から写真ですからくちばしの形状が分かりにくいのですが、いずれも額からくちばしにかけて段差がなく一直線であるようです。左側の個体が横を向いてくれたので、そのくちばしを見ると、オオヒシクイなのかなと思わせる姿です。
f0330321_2241377.jpg
さて、こちらの写真ですが、左側に写っている個体に注目してください。右側に写っている個体に比べると、明らかに体が小さいことが分かります。オオヒシクイの全長は90-100cmとされていますが、ヒシクイは78-89cmですからその違いは一目瞭然です。また、ヒシクイのくちばしは短めですね。
f0330321_2241954.jpg
この写真を見たときに、くちばしがオオヒシクイとしては短めに見えたので、果たしてヒシクイなのかと迷ってしまいました。非常に紛らわしい個体であると思います。この下の写真は明らかにオオヒシクイであると思いますので、その違いを見比べてください。
f0330321_2242650.jpg
ガンの仲間は普段あまり見慣れていないものですから、自信を持って識別できないのですが、こちらの個体は明らかにくちばしが長めですから、オオヒシクイで間違いないと思われます。
f0330321_2243493.jpg
ここに並んでいるのはオオヒシクイだろうと思いますが、ちょっと気になったのは真ん中の個体です。くちばしが短めに感じるのですが、これは個体差の範疇にあると言ってよいのか、それともヒシクイと言えるのか? 判定が難しいですね。(´・_・`)
by coffeeto1 | 2015-12-11 06:00 | 野鳥
<< コハクチョウ@上越 ハヤブサがいました@上越 >>