ハヤブサがいました@上越

f0330321_22041100.jpg
今回紹介するのは、鉄塔に留まっていたハヤブサです。11月21日〜23日にかけての三連休を利用して、新潟県の朝日池へガンの仲間の観察に行ってきましたが、この日は池の周辺の田んぼに降りて餌拾いをしている、マガンやヒシクイを探していました。地理がよく分からない場所でしたから、池から飛び立ったガンの群れが向かった方向を重点的に探していました。かなり走り回っても、ガンの仲間が見つけられないでいましたが、遠くにコハクチョウの群が降りているのを見つけました。驚いて飛び去らないように、ジリジリと慎重に接近しましたが、その途中、頭上を飛んだ猛禽類が、鉄塔に留まるところが見えました。コハクチョウの群に接近するのに、良い時間稼ぎが出来ました。暫くこちらにレンズを向けて観察することにしました。
f0330321_2202583.jpg
鉄塔に留まった猛禽類は、双眼鏡で確認すると黒い頬ヒゲが見えましたから、ハヤブサであることが確認できました。胸には太い縦斑が密にあることから、若鳥であるようです。また、背面には褐色味のある暗色をしていますから、これは♀の個体でしょうか?
f0330321_2203513.jpg
この鉄塔からは100m近く離れていましたから、車の中から撮影している私には気が付いていないようで、全く無警戒のまま、のんびりと羽繕いなどをしていました。
f0330321_2203110.jpg
かなりの距離がありましたが、オリンパス E-M1 + 300㎜ F2.8 + EC14 の組み合わせでうまく撮影することが出来ました。マイクロフォーサーズ規格ですから、1.4倍のテレコンを付けて、35mm換算で840㎜相当の撮影が出来ます。この辺りがフォーサーズの強みですね。
[PR]
by coffeeto1 | 2015-12-10 06:00 | 野鳥
<< ヒシクイとオオヒシクイ@上越 マガンの群れ@上越 >>