マガンの飛翔@上越

f0330321_22282298.jpg
11月の三連休を利用して、上越市の朝日池へ野鳥観察に行ってきました。そこで、マガンの群れを観察してきましたが、今回はそのうちから飛翔写真だけを集めて紹介したいと思います。
マガンはその全長が72㎝とされていて、近縁のカモの仲間と比較すると大きな体つきをしています。でも、ここでたくさん観察できる、同じガンの仲間のオオヒシクイの全長は90-100cmほどもありますから、それに比べるとかなり小さく見えます。
池のほとりで何回も撮影チャンスに恵まれましたが、この時は割合近いところを飛翔してくれたので、体の羽衣の状態まで確認できるような写真を撮影することが出来ました。
f0330321_2217427.jpg
この画面にたくさん写っているのは全てマガンです。ここで観察していて感じたのは、ヒシクイも大群で飛翔していましたが、比較的少数の単位で飛ぶことが多いのに対し、マガンは大きな群れを作って飛翔しているところが多かったように思います。
f0330321_22171246.jpg
ここでは2つの編隊が重なっていますが、マガンもヒシクイも、整然と並んで飛翔します。海を越えて長い距離を渡って来るわけですから、大きな体への負担を少しでも減らすよう、効率の良い省エネ飛翔技術が必要です。前を飛ぶ鳥の斜め後ろにできる上昇気流を上手く捕まえれば、あまり羽ばたかなくても効率よく飛べるようですから、自然と編隊が組み上がるんですね。
f0330321_22172511.jpg
池を飛び立ってこれから餌場へ向けて編隊を組んで行くところです。帯状に連なるこの一かたまりのマガン達は、間も無く二つの編隊に分かれて飛翔していきました。
f0330321_2217325.jpg
湖面がガヤガヤと騒がしくなったと思ったら、間も無く休んでいたマガンの大群が、一斉に舞い上がりました。この画面の上の方にオナガガモの小群が混じっていますが、それ以外は全てマガンになります。凄いものですね。この写真はマイクロフォーサーズの40-150㎜F2.8 で撮影していますが、このレンズは評判に違わずキレの良い映像を提供してくれます。
f0330321_22174261.jpg
池の上にはマガンだけでなくオオヒシクイや、その他のカモの仲間がたくさん浮かんでいました。近くにはたくさんの池がありますが、何故かこの朝日池だけに集まっています。ここには、安心して休める環境が整っているんですね。
[PR]
by coffeeto1 | 2015-12-06 06:00 | 野鳥
<< アメリカコハクチョウがいました@上越 池のカワアイサ@上越 >>