池のカワアイサ@上越

f0330321_22394771.jpg
楽しみな週末を迎えることができました。でも、この1週間は仕事関係の忘年会が続いて、とうとう月曜日から金曜日までの5日連続で飲み会に参加することになってしまいました。年末恒例の年中行事となっていて、特に仕事関係であれば避けて通ることができません。私はまだ飲めるから良いのですが、アルコールがダメという人は、お付き合いが大変だと思います。でも、そんな人はお喋りだけ付き合って、もっぱら料理を頂いていればそれなりに楽しめるのかもしれませんね。
この間から、新潟県の朝日池で撮影した野鳥写真の中から、順不同で拾い出して紹介していますが、今回は遠くからでもその白さがよく目立った、カワアイサの写真を紹介したいと思います。
f0330321_22393411.jpg
忘年会が続くといっても、美味しいお酒を飲んで、美味しいお料理を食べることができますから、結局楽しんでいるのは自分自身なのですが、問題は健康管理にあります。飲み過ぎや食べ過ぎが体に悪いことは十分に弁えていても、話に花が咲くとついつい過ごしてしまうのはいつものことで、その度に反省を繰り返すばかりです。
朝日池では、たくさんのガン・カモ類が観察できましたが、このカワアイサは色が白いですから、遠くからでもその存在がよく目立ちました。
f0330321_22393965.jpg
健康管理のバロメーターとして、体重が増えないように注意しています。毎朝体重計に乗って記録していますが、この時期はどうしても増加傾向に歯止めがかかりません。連日の宴会では太る要素が濃縮していますから、宴会後もできるだけ歩いて、カロリー消費を心掛けています。
朝日池ではとても良いお天気に恵まれて、このカワアイサは気持ち良さそうに羽繕いをしていました。伸びをした時に尾羽を広げてくれましたが、まるで扇を広げたように見えますね。
f0330321_22391142.jpg
宴会に参加すると、決まって喫煙者がたくさんいますから、タバコ臭が染み付いてしまうのには毎回辟易としています。自宅に帰って風呂に入るとき、下着までタバコの臭いがするわけですから困りものです。何とかならないものかと思うのですが....ファブリーズが欠かせません。
f0330321_22392868.jpg
こちらの個体は頭部が茶色をしていて、後頭部にはボサボサの冠羽がありますが、これはカワアイサの♀ですね。♂の頭部は暗緑色で体は白色が目立つ色合いですが、♀の体は灰色です。
f0330321_22385779.jpg
よく目立つ♂の個体と行動を共にしていますから、♀も割合楽に見つけることが出来ました。潜水して魚を獲るカモですが、面白いもので数羽の群れでいても、1羽が潜ると他のも一斉に潜ります。でも、ここではのんびりと羽を休めて羽繕いをしていました。
f0330321_22392249.jpg
カワアイサは魚食性のカモの仲間ですが、その漁の仕方は各個体が単独で潜って魚を捕らえるわけではなく、連携を取るように一斉に潜水します。確認したわけではありませんが、追い込み漁的に採餌しているのか、一斉に潜ることで小魚の群れに対して、パニックを起こさせているのかもしれませんね。
f0330321_2239169.jpg
しばらく続いた小群での餌取りが終わり、この辺りに固まって、羽繕いをする姿が観察出来ました。他の個体もノンビリと寛いでいるようです。長閑な朝日池の風景でした。
[PR]
by coffeeto1 | 2015-12-05 06:00 | 野鳥
<< マガンの飛翔@上越 間近なオオヒシクイ@上越 >>