海面のカンムリカイツブリ@江戸川

f0330321_231380.jpg
とうとう師走を迎え、カレンダーはあと1枚を残すだけになってしまいました。このところ、大分冷え込んできて、周囲はみんな冬支度という状況ですが、先日、うちの職場でちょっとした騒ぎがありました。事務所内はエアコンが完備されていますから、あまり外の暑さ寒さは感じないはずですが、教育担当のデスクの皆さんが、今日はどうしたわけかうすら寒いと言っています。壁面にあるエアコンのコントローラーの設定温度は、普段は24度に設定されているのが27度まで上げられていたのに、それでも寒いというのです。確かに、総務のデスク周辺にあるエアコンの吹き出し口からは、暖かい空気がどんどん吹き出しているのに、教育担当のデスクの周辺には暖気が感じられません....一体、どうしたことなんでしょうか?
f0330321_2311323.jpg
仕事が始まってから暫らくは、今日は寒いねという声が上がっていましたが、ある若手の職員がエアコンのコントローラーを見て、モードが暖房ではなく、冷房になっていることに気が付きました....これが原因だったのですね。
f0330321_2312445.jpg
エアコンのモードが暖房ではなく冷房にセットされていたわけですから、これではいくら温度を上げても、涼しい風ばかりが出てくるはずです。原因が判明して、みんな大笑いとなりましたが、さて一体、誰がモード設定を間違えてしまったのでしょうか? 今度は犯人探しで賑やかになってしまいました。
f0330321_2311815.jpg
しかし、エアコンですからいくらモードが冷房になっていたとしても、温度設定したのですから、自動的にその温度になるように作動してくれるのではないかと思うのですが....、機械のことですから、そんなに都合よくは働いてくれないようです。(~_~;)
f0330321_2313079.jpg
平日に足を運んだ葛西臨海公園では、人出が少なかったので落ち着いて探鳥することが出来ました。水路の上にも、割合近いところに数羽のカンムリカイツブリが浮かんでいて、交互に潜水を繰り返す姿を見せてくれました。カンムリカイツブリは、冬鳥として水辺に飛来する野鳥ですが、カイツブリの仲間としては、我が国で一番大きい種類になります。夏羽では綺麗な羽衣に衣替えして着飾った姿を見せてくれますが、冬羽の今の時期は白黒のツートンカラーのシンプルな出で立ちです。
[PR]
by coffeeto1 | 2015-12-01 06:00 | 野鳥
<< オオヒシクイの飛翔@上越 杭の上のアオサギ@江戸川 >>