不忍池のユリカモメ

f0330321_10575361.jpg
健康維持のためにウォーキングを続けていますが、1日に1万歩を目標にしています。その計測に、以前は専用の万歩計を使用していましたが、今はスマホのアプリをダウンロードして活用しています。このアプリには、毎朝測定する体重や体脂肪率、血圧なども記録できますから、健康管理の目安にするためにはとても便利なので、もう何年も使い続けています。今の仕事はデスクワークが主体ですから、意識して歩かないと殆ど体を動かさないで1日が終わってしまいます。そのため、通勤の行き帰りのウォーキングを欠かすことができません。でも、雨が降ったり、仕事の都合で歩けなかったりして目標に届かない日もありますが、そんな日は手抜きをしたようで、何となく気持ちが悪いなと思います。でも、トータルで見れば平均で1万歩は軽くクリアしているはずから、目的は達していると言って良いと思っています。σ(^_^;)
f0330321_10574193.jpg
この日は、電車利用で荒川河川敷のハクガンを見に行ってきましたが、その後、上野のヨドバシカメラに寄って、不忍池まで足を伸ばしてきました。1日歩いた結果は、13,000歩を上回っていました。バードウォッチングでは歩き回ったようでも、意外と歩数が伸びていないことが多いですから、、まずまずの運動量であったと思います。
f0330321_1058046.jpg
さて、足を運んだ不忍池では、ボートが浮かぶ池の杭の上に、ユリカモメが羽を休めていました。冬の到来を待ちかねたように、北の国から渡って来てくれました。時折、翼を広げて伸びをする姿が見えましたが、長旅で疲れた翼のコリをほぐそうとするようでもありました。
f0330321_1058548.jpg
しっかりと翼を伸ばしています。これだけ伸びをすれば、肩のコリもほぐれてくれたことでしょう。初列風切の先端が黒色であることがよく分かりますね。分かりずらいですが、翼の下面も黒っぽい色合いです。
f0330321_10581178.jpg
こちらの個体は、くちばしの基部と脚の色が黄橙色です。また、背面には褐色の羽が見えるところから、第1回冬羽の個体であることが分かります。
f0330321_10581699.jpg
池の上には、キンクロハジロなどのカモの仲間がたくさん浮かんでいましたが、その中に舞い降りた第1回冬羽の個体です。並んでいた杭の上は、成鳥に占領されていたので、若い鳥は仕方なく水の上に降りたのかな?
by coffeeto1 | 2015-11-20 06:00 | 野鳥
<< 葦原のクイナ@葛飾 モズの高鳴き@荒川 >>