草むらのハクセキレイ@荒川

f0330321_2027961.jpg
私が今、野鳥写真撮影用に使用している三脚は、マンフロット製のカーボン三脚です。先日、この三脚の石突が一つ無くなっているのに気が付きました。もう4〜5年は使っているもので、水準器も壊れていましたから、これを機に新しいものをとも考えました。でも、足突さえ補充できれば、まだまだ使用できるものです。型番を指定して取り寄せて貰えば簡単なのですが、何年も使っているうちに、型番を表示したシールの部分が擦れて字が読めなくなっていたのです。型番で注文できませんから、現物をお店に持ち込んで発注するしかありません。でも、三脚を持ってお店に行く時間が取れなくて、延び延びになっていました。先日、荒川河川敷にハクガンが飛来したとの情報をいただきましたが、丁度良い機会でしたから、撮影した後、その足でカメラ店へ寄ってくることにしました。
f0330321_20271721.jpg
荒川河川敷でお目当のハクガンの撮影を終えて、それだけではちょっと勿体無いので他に何かいないかと周りを歩くと、ハクセキレイが近くの草むらに遊んでいました。早速、撮影対象になりました。
f0330321_2026579.jpg
撮影を終えてから北千住駅まで歩き、地下鉄で上野のヨドバシカメラに向かいました。型番がわからない三脚ですから、対応してくれた店員さんは、マンフロットのマニュアル資料と見比べながら、三脚の形状から型番を特定してくれました。
f0330321_20273768.jpg
三脚の石突は、これからまた紛失する恐れもありますから、予備を含めて3個お願いしてきました。久し振りに足を運んできたカメラ屋さんですから、ついでに陳列してある商品などを見て回るうち、マンフロットの三脚用のショルダーベルトを見つけました。
f0330321_20272387.jpg
普段は車で出掛けることが多くて、これまであまり気にならなかったのですが、今日は手に持って来たところ、意外に重いし邪魔になります。今後、電車で出掛ける時のことを考えて、常時肩に掛けられるベルトは必需品です。値段的にもそんなに高くないし、ついでの買い物としては良いものを見つけました。
f0330321_20273018.jpg
カメラ本体や望遠レンズは背中のザックに収納できます。三脚もたすき掛けに肩から掛けたら、両手が空いてとても動きやすくなりました。このハクセキレイのように、自由に羽ばたける心境です。また、フィールドワークの楽しみが増えました。
by coffeeto1 | 2015-11-14 06:00 | 野鳥
<< 葦原のスズメ@上野 河川敷のハクガン@荒川 >>