アカエリヒレアシシギ飛翔@小山

f0330321_21412662.jpg
楽しみにしていたシルバーウィークも、明けてしまえばあっという間に終わってしまったように思えます。この間、各地の高速道路では大渋滞が発生したというニュースが流されていましたが、どこも大変な状況であったようです。私はといえば、行きは夜に出発してサービスエリアで休憩をとりながら、翌朝目的地に到着し、帰りは朝方に出発して昼過ぎに自宅に到着するような時間取りをしましたから、お陰さまでひどい渋滞に引っ掛かることもなく、ほぼスムーズに走行することができました。5連休は大変に魅力的なのですが、渋滞対策を考えておかないと、ストレスを溜めることになりかねません。次にシルバーウィークの5連休があるのは、11年も先ということですが、その時には、今みたいに動き回ることはできなくなっていると思います....どうなっていることやら....?
8月最後の日曜日に、小山市の休耕田で観察したアカエリヒレアシシギの紹介を続けます。
f0330321_2142881.jpg
この休耕田では、4個体のアカエリヒレアシシギが観察できましたが、常に固まって行動していました。でも、前回紹介したように他の鳥にモビングされたりすることも影響していたと思いますが、何度も飛び立ったり、また舞い戻ったりを繰り返していました。
f0330321_21415398.jpg
観察している間に、アカエリヒレアシシギの群れが何回も飛翔するシーンに出くわしましたから、今回はそんな飛び姿だけを集めて紹介してみたいと思います。
f0330321_21413982.jpg
この日は、久し振りの野鳥写真撮影だったこともあり、フォーサーズ仕様のレンズ(ED 300mmF2.8)と、マイクロフォーサーズ仕様のボディー(E-M1)をつなぐアダプター(MMF-3)を忘れてしまい、結局、マイクロフォーサーズ用の75-300mmズームを使ったのですが、飛びものを撮るには、小型軽量のレンズの方が取り回しが楽で、撮影しやすかったと思いました。
f0330321_21414784.jpg
水面から、今まさに舞い上がろうとする瞬間です。翼の上面は黒褐色ですが、広げた時には、雨覆いの先端にある白帯がよく目立ちます。
f0330321_21415969.jpg
アカエリヒレアシシギの編隊飛行は、4羽だけでしたが動きがシンクロナイズしていて、なかなか見応えのある航空ショーのようでした。
f0330321_21421432.jpg
もともとは、海洋性のシギの仲間ですが、このように内陸の休耕田に入り込んでくることもあるようです。今回は、まったくの偶然ですがこうして発見して撮影することができました。情報がなくてもこうしためぐり合いがあると、とても嬉しい出来事になりますね。
by coffeeto1 | 2015-09-25 06:00 | 野鳥
<< 小山市の郊外で野鳥観察 アカエリヒレアシシギへのモビン... >>