人気ブログランキング |

虫たちの森@秋ヶ瀬公園

f0330321_9375125.jpg
この三連休は、奥日光で車中泊をしながら二泊三日を楽しんできました。このブログの書き込みを毎日アップするつもりで頑張ってきましたが、今回はそれが途切れてしまったわけですが、その奥日光で思いもかけず二つの出会いがありました。一つは戦場ヶ原の木道を歩いていた時に、あしだち(足立自然にふれあう会)のMさんにお会いしたことです。もう一つは赤沼の駐車場で車中泊をしていた時に、お隣に会津の女性二人組がやって来て、車中泊でお隣同士になったことです。その様子はまた追い追い紹介していきたいと思います。
今回は、6月28日の日曜日に足を運んだ秋ヶ瀬公園のピクニックの森で、観察してきた虫たちを紹介したいと思います。最初は、甲虫の仲間ですが、これは大きさが2cmにも満たない小さな虫ですが、調べてみたらキイロカミキリモドキであるようです。
f0330321_9381670.jpg
頭の上の樹の葉が揺れました。双眼鏡で確認したところ、大きなバッタの仲間が見つかりました。葉っぱの色と同じですから分かりにくいと思いますが、これはクツワムシでしょうかウマオイでしょうか、残念ながら識別することができません。
f0330321_939286.jpg
葉っぱの上にいたナナホシテントウです。日向ぼっこをしているようでしたが、オレンジ色の体に7個の黒斑がよく目立ちます。
f0330321_93930100.jpg
とても小さなカマキリを見つけました。緑色の退職をしていますが、大きさは3cmほどしかありません。卵から孵ってまだ数日しか経っていないものと思われます。
f0330321_9393794.jpg
こちらのカマキリは、7~8cmほどもありますが、体色は一様に褐色です。カマキリの仲間は同じ種類でも、このように褐色のものと緑色のものがいるようです。
f0330321_9405588.jpg
大きな甲虫が飛来して、近くの葉の上に留まりました。何だろうとすぐにカメラを向けてみたところ、このゴマダラカミキリが留まっているのが分かりました。
f0330321_941165.jpg
黒色の体に、白色の斑がたくさん出ていますから、ゴマダラカミキリであることが分かりました。触覚部分も白黒の斑状になっています。触覚を除く体長は3cmくらいありました。
f0330321_941316.jpg
葉の上を渡り歩くナナフシの仲間を見つけました。体が細長いところからエダナナフシであろうと思います。上で紹介したカマキリ同様、体色が褐色のものと緑色のものがいるようです。
f0330321_9413727.jpg
こちらは体色が緑色のナナフシです。全長は10cmくらいありました。
f0330321_9414865.jpg
頭の先に前肢を長くのばしていますから、一本の枝のように見えますが、これもナナフシの仲間です。体色は全体的にまだら模様の褐色をしていますから、トゲナナフシではないかと思います。
f0330321_9421223.jpg
葉の上で交尾をしていたこの虫は、全長が3cmほどもありました。ムシヒキアブ科のシオヤアブであろうと思われます。
f0330321_9421887.jpg
尻尾の先に、白色の毛が密生しています。これは、ムシヒキアブの♂の個体の特徴になります。
f0330321_9422516.jpg
こちらもムシヒキアブですが、尻尾の先に白い毛塊がありませんから、この個体は♀になると思われます。
f0330321_9431099.jpg
翅が黒くて、全身もまっ黒です。腹部にオレンジ色の斑が認められるこの昆虫は、ベッコウバチの仲間であろうと思われますが、種類を特定することが出来ませんでした。
by coffeeto1 | 2015-07-21 06:00 | 昆虫
<< 山野草とクモ類@秋ヶ瀬公園 チョウとトンボ@秋ヶ瀬公園 >>