戸隠森林植物園の花~その1

f0330321_16582320.jpg
戸隠森林植物園へ足を運んだのは、6月13日(土)〜14(日)に掛けてのことでした。関東地方が梅雨入りしたのは6月8日のことでしたから、梅雨の真っ最中になります。今までは、梅雨時の天気を嫌ってここへ来ることはありませんでしたが、それだけに5月と比べてどう違うかを確認しておきたいと思いました。幸いなことに天候に恵まれ、初日は夏の到来を感じるくらい暑いお天気になり、二日目も雨には降られませんでした。園内をゆっくりと散策することができ、これまでとは1ヶ月違う季節の変化を身をもって確認してくることが出来ました。一番の収穫は既に紹介したランの仲間を幾つか観察できたことですが、他にも色々な山野草を見てくることができましたから、2回に分けて紹介していくことにします。
最初に紹介するのはこのキクザキイチゲです。関東地方の平地では、4月中に見られる花ですが、標高1,400mほどもある高原では、季節の進み具合がだいぶ遅れているようです。
f0330321_1658750.jpg
これは、森林植物園の駐車場の脇の土手に咲いていたカタクリですが、これも関東地方の平地では4月中になりますから、この辺りの花期はずいぶん遅れていますね。もっとも、近くにはまだ残雪がたくさん残っていたくらいですから、やっと春を迎えたという事でしょうか。
f0330321_16583566.jpg
これは何処でも比較的たくさん見られるシロバナノヘビイチゴですね。この戸隠に来る前々週に八ヶ岳に登ってきましたが、その時にも登山道に沿ってたくさん咲いているところを見てきました。
f0330321_16584626.jpg
これは、森林学習館の前の岩棚に咲いていたイワヤツデです。名前が書かれた看板がありましたからすぐに分かりましたが、私が持っている「山に咲く花」という植物図鑑には載っていませんでした。
f0330321_16591379.jpg
これはクワガタソウです。みどりが池から探鳥路を通り、高台園地へ行く途中でたくさん見ることができました。小さい花ですから、注意して見ないと見落としてしまいます。薄紫色の可愛い花でした。
f0330321_16592429.jpg
ズダヤクシュの花の部分だけをクローズアップして撮影してみました。長い花茎を立てて、その先に釣鐘状の白い花をたくさん咲かせています。こうしてアップで撮影すると立派な花姿に見えますが、実際はとても小さい花の集まりです。
f0330321_17115.jpg
今回、とてもたくさん群生していて驚いたのは、このズダヤクシュでした。辺り一面ズダヤクシュの大群落が出来ていて、絨毯を敷いたようでしたが、こんな風景が森林植物園の園内の何箇所もで見られました。
f0330321_16593679.jpg
黄色い花を咲かせていたこちらはダイコンソウになると思います。割合高い草丈でしたから、草むらの中でもよく目立っていました。
f0330321_16594519.jpg
外周の散策路を歩くと、このコバイケイソウの花が草むらの上に頭を出して咲いていました。ミズバショウ園の中にも幾つか咲いていました。まだ咲き始めたばかりの様相でしたが、これからが旬になるでしょう。
f0330321_1659567.jpg
ガクアジサイの花です。普通は薄紫色の花を咲かせますが、このように白い花を咲かせるものもあるようですね。梅雨時にはとても良く合う花になります。
f0330321_22302020.jpg
茎の途中に葉が輪生して、独特の姿をしていますが、これはクルマバソウになります。上部に白くて小さい花をいくつも咲かせていました。この花も、森林植物園の至る所で見ることが出来ました。
f0330321_170183.jpg
3枚の大きな葉を広げて、その中央部分に花を咲かせるエンレイソウです。白い花を咲かせるものもあるようですが、シロバナエンレイソウとかミヤマエンレイソウなどと呼ばれているようです。
f0330321_170289.jpg
花弁に切れ込みのあるこの花は、ハコベの仲間であろうということは分かりましたが、名前がわかりません。写真を見ながら図鑑と見比べてみたところ、サワハコベではないかと思います。
f0330321_1703616.jpg
こちらは長い花茎の上に、白くて小さい花をたくさんつけていました。園内に咲く花を写真で案内している看板にタチカメバソウであると名前がありました。これは探すこともなく、園内では比較的たくさん見ることができました。
f0330321_1704342.jpg
長い茎の先に、蕾をつけていたこちらは、ギョウジャニンニクで良いでしょうか?名前はよく聞きますが、実際に生えているところを見たことがなかったので自信がありません。図鑑でも、花が開いた状態の写真ばかりですが、肉厚の葉の形状などから間違いないと思いますが....
f0330321_1705187.jpg
長い花茎の上に車状に花を咲かせているクリンソウの花は、これまでも何回か見ていますからすぐに分かりましたが。湿った場所にたくさん群生していました。
f0330321_1711096.jpg
こちらは山野草ではなく、樹に咲く花ですが、見た目にも綺麗に咲き揃っていました。生い茂ってきた緑の中に、ピンク色の花が集まって咲いていて目を引きます。タニウツギでしょうか?
f0330321_1711982.jpg
アブラナ科のタネツケバナになると思いますが、先端の葉の1枚が大きいところから、オオバナタネツケバナではないかと思いました。これも園内の湿った流れに沿ったところに咲いていました。
[PR]
by coffeeto1 | 2015-07-05 06:00 | 植物
<< アオジ囀る@戸隠 アカゲラの営巣風景@戸隠 >>