梢のチゴハヤブサ@長野

f0330321_22294499.jpg
梅雨入り前に八ヶ岳を縦走して、ツクモグサやホテイランなどお目当ての高山植物や山野草をたくさん観察してきました。その翌週は結婚式に呼ばれるなどしてフィールドに出る機会が限られてしまいましたから、この週末は有効に使って野鳥観察と自然観察をたっぷり楽しんでこようと思いました。どこへ出掛けるのが一番良いか、私自身もいろいろ迷いましたが、結局この時期に足を運んだことのない戸隠森林植物園へ行ってみることを選択しました。でも、真っ直ぐ高原へ登っても、だいたい見られる鳥は限られてしまうでしょうから、麓の長野市周辺の探鳥ポイントを回ってみることにしました。1日で3カ所を駆け足で回ってきましたが、お陰で既に紹介してきた、アオバズクと営巣中のオオタカを見てくることができました。何れも須坂市で撮影したものですが、今回紹介するチゴハヤブサは、長野市内で撮影に成功しました。大変にラッキーが重なってくれて、効率の良い探鳥が出来ました。長いこと野鳥観察をしていると、たまにはこんな幸運に恵まれることがあるようです。
f0330321_22301464.jpg
これまで、チゴハヤブサを間近に観察することはありませんでした。タカ渡りの観察に行っても、遥か上空を飛翔するハヤブサの仲間のお腹が赤く見えたからチゴハヤブサだと、今まではそんな状況でしか見られていませんでした。
f0330321_2229563.jpg
今回は違います。神社の境内のケヤキの木に留っていましたから、羽の模様までしっかり確認できる距離で観察することが出来ました。こんな風にブルブル羽を震わせて、羽繕いをする場面も観察できました。
f0330321_2230280.jpg
長野市内には、神社やお寺がたくさんありますが、このチゴハヤブサを観察したのは、そんな住宅に囲まれた神社の一つでした。その境内には何本かの樹木があって、緑の島のようになっている所です。キィキィ鳴きながら飛来して、ケヤキの木の上に留まってくれました。
f0330321_2230841.jpg
神社の境内はそんなに広くありませんから、隣接する住宅にお願いして、敷地内から観察させてもらいました。この写真に写っているように、何回か上を向いて口を開くポーズを取っていました。鳴き声を立てるわけではありませんが、これには何か意味があるのでしょうか?
f0330321_22302138.jpg
ここにはケヤキの木が数本並んでいました。そのうちの1本に留まって、かなり長い時間することができましたから、こうして頭を掻くポーズも撮影することができました。
[PR]
by coffeeto1 | 2015-06-30 06:00 | 野鳥
<< 山で見たランの仲間@戸隠 オオタカとヒナ達@須坂 >>