人気ブログランキング |

梢で囀るオオルリ@桐生

f0330321_14365385.jpg
今年のゴールデンウィークは、後1日を残すだけになってしまいました。ラジオの交通情報を聞いていると、午前中から高速道路の上りの渋滞が始まっていたようです。行楽地から帰ってくる人たちは、みんな大変な思いをしていることでしょう。ご苦労様です。事故を起こさずに、無事に帰ってください。私はどうかと言えば、この連休中に遠出をしてきましたが、利用した東北自動車道では全く渋滞にはまることなく、行き帰りとも快適に走行することが出来ました....渋滞のない時間帯に高速道路を利用するように計画を立てている訳ですが、こんなことが出来るのも車中泊を前提にしている特典の一つです。
車中泊であれば、前夜に出発して行けるところまで行って、眠くなったら途中のサービスエリアで寝て、翌日は朝から行動を開始できますから、とても効率的に移動できます。もちろん、探鳥地の山の中でも、どこでも寝られるところが最大の利点なのです.....
さて、今回は、ゴールデンウィーク前の4月最後の土日に観察してきた、オオルリを紹介したいと思います。
f0330321_14372720.jpg
今年のゴールデンウィークは、5月1日の金曜日に週休を振り替えてもらって、6連休にしたのが渋滞を逃れる作戦の一つでもありました。平日の昼頃出発して3連泊した後、帰りは午前中割合早い時間に帰路に着くことができましたから、これが正解だったようです。
この日のオオルリも、ほぼ狙っていた場所で撮影できましたから、これも事前の計画が良かったと自画自賛 (^з^)-☆
f0330321_14363997.jpg
さて、目的地に着いても姿だけでオオルリを見つけるのは、なかなか難しい作業ですね。でも、大きな声で囀ってくれますから、その声を頼りに姿を探すと、すぐにその居場所を見つけることが出来ました。
f0330321_14373464.jpg
囀りの声を聞きながら、一度その姿を見つけることができれば、こんな葉影にひっそりと休んでいる姿も、比較的簡単に見つけられるようになりました。目が慣れてきた....いえ、耳が慣れてきたお陰です。
f0330321_14354090.jpg
この日は、なかなか木の天辺に出てくれません。比較的低い葉影で囀ることが多かったのです。そのため日影になって、背面の綺麗な瑠璃色がうまく再現できませんが、ここでは木漏れ日を浴びて、その美しさが少し出てくれました。
f0330321_14371225.jpg
この日のオオルリは、葉影にいることが多かったため、背景との明暗差がかなりあって、適正露出を得ることがとても難しい状況でした。画像ソフトでかなり補正して、やっと見られる写真になりました。
by coffeeto1 | 2015-05-07 06:00 | 野鳥
<< 新緑の中のキビタキ@桐生 赤城山の中腹にて~その2@桐生 >>