春を彩るシュンラン@三毳山

f0330321_22261251.jpg
私の職場に、この4月から新しいコーヒーベンダーが入りました。高速道路のサービスエリアに設置されている、豆から挽いて淹れてくれるあの販売機と同じやつです。コーヒールンバの音楽こそ流れませんが、レギュラーコーヒーの他にカフェオレやココア、紅茶、スープ類までと種類が豊富であるところが嬉しい入れ替えとなりました。ただ、前の機械のように無料ではなく、1杯30円と有料になりましたが、それでも美味しいコーヒーがとても安い値段で飲めますから助かります。でも、前の機械にあったカフェラテが無くなってしまったのは残念です。砂糖なしでもほんのりした甘みがあってお気に入りだったのですが、新しい機械にはありません。今飲んでいるコーヒーは、その場で豆を挽いて淹れてくれる美味しいやつですから、ブラックのまま飲んでいますが、香り豊かで味も良いですから、前のカフェラテに劣らず、これはこれでとても気に入っています。このほかに、無料のコーヒーサーバーも入りました。でも、こちらはインスタントコーヒーの味ですから頂けません。コーヒーは、口に含んだ時の味と風味がそのうまさを決定していると言っても過言ではありませんから、飲むんだったらいつも、こんなコーヒーであって欲しいと思います。
この日は、背負ったザックの脇のポケットに、温かいコーヒーを入れたポットを差して、1日がかりで三毳山を散策してきましたが、カタクリばかりでなく、シュンランも今が旬とばかり咲き誇っていました。
f0330321_22255053.jpg
もう一つ書き忘れましたが、コーヒーベンダーの前で出来上がりを待つ間、いつもスクワットをしています。山登り用に少しでも足を鍛えておこうと、以前から続けてきたことですが、30秒ほどの待ち時間で20回をノルマにしています。スッカリ習慣化されていますから、そのうち高速道路のサービスエリアでスクワットを始めてしまうのではないかと、すこし心配もしています。f^_^;)
山道を登っていくと、元気なシュンランが姿を見せてくれました。
f0330321_22263245.jpg
枯れ葉が降り積もる山肌の所々で、細長い葉の間からシュンランが花茎を伸ばしていました。目が慣れてくると、遠くにある葉の塊を見るだけで、シュンランがあるだろうと分かるようになりました。
f0330321_22265156.jpg
高さ10㎝ほどの花茎の先に、十字形の花を咲かせています。大きく広げているのは萼片だと思いますが、赤い斑点のある白い唇弁が見えるようにと思い、カメラを地面に置いた状態で撮影してみました。
f0330321_22272360.jpg
ほとんどのシュンランは、1株ごとに咲かせていて、中には2〜3株が固まって咲いているものもありました。そんな姿が普通だと思うのですが、この大きな株を見つけてビックリしてしまいました。これは見事な群生です。自然のままでこれだけ大きな群生を、今まで見たことがありません。
f0330321_22274892.jpg
あまりにも見事な大株ですから、1花ずつ撮影してはもったいないですね。さりとて、これだけの株だと、その大きさを際立たせる撮り方がよく分かりません。色々なアングルや距離から撮影してみましたが、結局こんな写真で納得せざるを得ませんでした。
[PR]
by coffeeto1 | 2015-04-11 06:00 | 植物
<< ミスミソウも咲いていました@三毳山 満開のカタクリ@三毳山 >>