林床のトラツグミ@野田

f0330321_22325383.jpg
この日曜日は、久々の激しい雨となりました。夕方、都内の自宅に戻ろうと、中央高速道路で車を走らせていました。午後6時頃に、あの渋滞で知られる小仏トンネルを通過することになったわけですが、いつも数km~20kmくらいの渋滞が発生するのに、どうしたことか全くスムーズに車を走らせることが出来てしまいました。高速道路はノンストップで走行できるのが当たり前の話だと思いますが、こんなことはめったにありませんから、渋滞にはまらなかったことが何故かとても嬉しくて、得をした気分になりました。お天気が悪かったので、外出を控えた人が多かったのでしょうか?それとも、時期的にスキーシーズンが終わりに近づいてきたからなのでしょうか?その理由はよく分かりませんが、個人的にはとても嬉しいことでした。
ところが、その後都心方向へ向かう途中で、調布インター付近で乗用車同士の事故が発生したということで、最大9㎞の渋滞が発生してしまいました。せっかく渋滞の名所をノンストップで通過出来たのに、思わぬ事故渋滞で家にたどり着いたのは、当初の到着予定時間よりも1時間近く遅い時間になってしまいました。なかなかうまい具合にはいってくれないものですね。
この日は、トラツグミを撮影したいと思って足を運んだ場所で、予定どおりのお出迎えのご挨拶を受けることができましたので紹介します。
f0330321_2233695.jpg
トラツグミは、割合明るい林床にジッと佇んでいました。もともとが保護色で目立たない羽衣をしていますが、ここでは同じような色合いの林床でうずくまるようにジッとしていましたから、見つけられただけでもラッキーであったと思います。
f0330321_22331532.jpg
そのトラツグミですが、移動するときは頭を下げて、ツツツ~~ッと前進します。この写真は正面から撮影したものですが、頭を下げてこれから移動を開始しようとする姿がよくお分かりいただけると思います。
f0330321_22332566.jpg
背面の様子がよく分かる状況で撮影することができました。背面から腰の部分にかけて、うろこ模様の羽がきれいに並んでいるのが分かります。胸からお腹にかけてより、整然としたうろこ模様の羽衣ですね。
f0330321_223332100.jpg
翼を広げて大きく伸びをしてくれましたから、風切羽の状況がよく見て取れます。ここで注目したいのは風切羽の羽軸の色合いです。綺麗な青色をしています。初列風切は全体が暗褐色で、基部だけが汚白色ですから羽軸も目立たないように思いがちですが、このように綺麗な青色をしているということを、今回初めて知りました。
f0330321_22324122.jpg
大きな獲物を捕まえたようです。くちばしの先にムカデのような、昆虫の幼虫のような、何か獲物を咥えています。こんな寒い環境ですが、林床には餌となる獲物が結構たくさんいるようです。
f0330321_22333956.jpg
ここは、住宅街からさほど遠くない場所にある林ですが、とても静かな環境です。すぐそこにある民家から続く、明るい環境の林の中ですが、毎年ここでトラツグミを観察することができます。今回も撮影したいと思って足を運んだところ、期待に違わず待っていてくれました。殆ど人が通ることがない場所ですから、今回も私一人で立木に隠れながら接近して、ゆっくりと撮影してくることができました。
f0330321_22334969.jpg
この場所では、トラツグミだけでなくシロハラなどの大型ツグミ類がよく観察できるのですが、きっとここでは環境的に餌となる獲物がたくさん生息しているからだと思います。このトラツグミもスギの枯葉を頭で持ち上げるように掻き分けながら、熱心に餌探しをしていました。
[PR]
by coffeeto1 | 2015-03-03 06:00 | 野鳥
<< 林内のシロハラ@野田 アトリがたくさん@檜原 >>