人気ブログランキング |

ムギマキをもう一度@戸隠

f0330321_22381379.jpg
週末に都内から遠出をすると、いつも悩まされるのが高速道路の渋滞です。出掛ける時は、朝まだ暗いうちに出発すれば、かなり回避できるから良いのですが、帰りの渋滞にはいつも悩まされます。丸一日ゆっくり野鳥観察を楽しんで、さあそれでは帰ろうかでは、決まって渋滞に嵌ってしまいます。一日中歩き回って疲れている時に、渋滞でノロノロ運転を続けていくのはとても苦痛です。そんな時は、ゆっくり夕飯でも食べたり、日帰り温泉に浸かって疲れを癒して、渋滞が解消される頃を見計らって出発するという手もありますが、帰宅が遅くなると翌日の仕事に影響が出てしまいます。
そんな心配をしながら、今回の戸隠探鳥は午前中で切り上げて、昼飯を食べながら早々に帰宅の途に着くことにしました。ちょうど長野市内へ降りるまでの沿線には、リンゴの直売所がたくさん並んでいますから、試食しながら美味しいリンゴを家族のお土産に調達することも出来ます。
そんな訳で、この日は朝起きると直ぐにコーヒーを沸かし、サンドイッチとバナナ1本、ヨーグルトという、いつもおきまりの朝食をとって、朝日の眩しい森林植物園の中へ繰り出しました。天気がとても良いですから、午前中勝負で早目に決着を付けてきたいところです。
f0330321_22382050.jpg
今回の戸隠探鳥のお目当てであったムギマキは、昨日だけで十分満足できるほどたくさん撮影できましたから、この日はみどりが池から高台園地へ続く探鳥路を登ってみることにしました。....でも、残念ながら思ったほどの成果が上がりません。....仕方ありませんから、ミズバショウ園を経由して、昨日ムギマキの写真を撮った木道のところまで来てしまいました。残された時間も余りありませんから、ここでもう一度ムギマキの写真を撮っていくことにしました。
f0330321_22382716.jpg
この日も朝からムギマキはサービス満点です。ツルマサキの樹に、次から次へと飛来してくれました。日曜日という事もあるのでしょうが、ムギマキ狙いのカメラマンは、昨日以上にたくさん集まって行列を作っていました。遅れ馳せながら到着した私は、昨日より少し遠い所に三脚を据えなければなりませんが、それでも十分に撮影することができました。
f0330321_2238564.jpg
この写真はピンボケで、アップするのも躊躇われたのですが、♀の個体がツルマサキの赤い実を咥えているところを捉えていましたから、紹介させていただくことにしました。
f0330321_22375956.jpg
こちらは葉陰で休んでいた♀の個体ですが、何とかピントの合った写真を撮ることができました。頭部から背面にかけては褐色で、喉から胸にかけてはオレンジ色をしているところが特徴です。
f0330321_22375216.jpg
背面が黒色をしているこちらは♂の個体です。三列風切の外縁が白いところが特徴ですが、雨覆いの羽縁も白いことが分かります。一見、若鳥ではないかとも思われますが、これがムギマキの成鳥♂の特徴ともなるようです。
f0330321_22374572.jpg
ムギマキの繁殖地は、日本ではなく大陸です。越冬地は東南アジアの島国になるようですから、我が国では春と秋の渡りの時期だけ見られる旅鳥です。そんな渡り鳥ですが、ここ戸隠森林植物園は、時期さえ間違えなければたくさんの個体を見ることが出来る、とても良い観察地であると思います。
by coffeeto1 | 2014-11-04 06:00 | 野鳥
<< コガモがやって来た@宇都宮 森林植物園のサル@戸隠 >>