キビタキの営巣~その3@大磯

f0330321_205615.jpg
キビタキの営巣風景を紹介するのはこれで3回目になりますが、さてこれは何が写っているのでしょうか?....実は、これはヒナが糞をしている状況です。巣の入り口から、外側に向かってお尻を出して排泄します。巣の中で排泄すると、中が汚れて不衛生です。この中には4羽のヒナが居るわけですから、生育環境の悪化を防ぎ、みんな元気に巣立って行かれるように、本能的に外へ排泄しています。巣の中を衛生的に保つため、ヒナのうちからこんな行動を取ることが遺伝子の中に刷り込まれているのですね。
f0330321_205122.jpg
さて、キビタキの♀親が餌を運んできてヒナに与えたところ、その中の1羽がお尻を高く上げて排泄を始めました。すると、キビタキ母さんは直ぐに飛び去ることなく、その場に留まって待ち受けます。
f0330321_2045215.jpg
ヒナが排泄する糞は、ゼラチン状のカプセルに覆われています。親はこれを咥え取って、離れた場所へ捨てに行きます。
巣の周りに糞の山が出来ると、外敵に狙われやすくなるでしょうから、これも遺伝子に組み込まれた、種族保存のメカニズムの一つになるんだと思います。
f0330321_2051842.jpg
ゼラチン状のカプセルに包まれていますから、周囲を汚すこともなく、こんなふうにしっかりと咥え取ることができます。親鳥は餌を運んでくるだけではなく、このように糞の始末もしなくてはなりません。子育てに忙しいキビタキのふん闘記でした。029.gif
[PR]
by coffeeto1 | 2014-06-11 06:00 | 野鳥
<< スギ林のサンコウチョウ@相模原 キビタキの営巣~その2@大磯 >>