水田のキョウジョシギ@成田

f0330321_21551931.jpg
田植えのために水を張った田んぼは、シギ・チドリの仲間にとって格好の餌場となります。見ている私たちにとっても、大変観察しやすい環境ですから、この時期の田んぼ巡りは、思いがけない発見と出会いも期待できます。たくさんのシギ・チドリが観察できるわけですから、私にしてみるとワクワクするような、とても楽しみなイベントになります。
今回は、そんな田園地帯で観察することが出来た、キョウジョシギを紹介します。
f0330321_21551148.jpg
キョウジョシギは、渡りをするシギ・チドリの仲間の中では海辺だけに限らず、田んぼなどの淡水域でも普通に観察することができます。そんな意味では、比較的適応力が高い種類であるといえます。
f0330321_21555469.jpg
3羽のキョウジョシギが一列に並んで、同じような姿勢をとっていました。まるで、御田植祭に参加した早乙女が並んでいるようにも見えますね。
f0330321_21554940.jpg
背面の様子が良く分かる状態で撮影できました。黒と白と茶色の羽が混じって、さながら三毛猫のような色合いに見えます。
f0330321_21554175.jpg
キョウジョシギの雌雄は、ほぼ同色とされていますから、♂と♀の区別をつけるのは難しいと思いますが、頭部の白色味が強いこの個体は、おそらく♂になると思われます。
f0330321_21553599.jpg
同じく畔の上にいたこちらの個体は、頭部の色合いに褐色味が強いことから、♀の個体ではないかと思います。
f0330321_21552637.jpg
上空をシギ・チドリの群れが飛翔していました。周囲を旋回した後、この田んぼへ降りようとしています。ムナグロがほとんどの群れでしたが、中にキョウジョシギも混じっていて、そのうちの1羽が畔の上にいた仲間に合流しようと舞い降りました。
[PR]
by coffeeto1 | 2014-06-04 06:00 | 野鳥
<< ヒタキの仲間との出会い@八王子 水田のムナグロ@成田 >>