樹肌にいたヒガラ@戸隠

f0330321_2057466.jpg
今回の戸隠行きは、ゴールデンウイークの後半の連休を利用して、3泊4日の日程を組みました。もちろん車中泊で、気ままにリーズナブルな遠出を楽しんで来たわけですが、連休初日の高速道路の大渋滞を避けるため、5月2日は帰宅後すぐに夕食を済ませてシャワーを浴びたのち、夜のうちに出発していますから、厳密に言えば4泊5日の遠出ををしたことになります。
車中泊のあれやこれやについては、これまでも朝日の中のルリビタキ枝を渡るゴジュウカラなどで紹介していますが、そこで使用する便利グッズについても、クーラーボックスについては渓流のミソサザイで紹介して来ました。また、サブバッテリーとインバーターについては、白樺とイカルや、タカ渡り~その⑤ハチクマ、ノスリで紹介しています。蔕ってしまったサブバッテリーは、今は2代目となっていますが、このブログや「コーヒー党の野鳥観察」の中でも、ところどころで紹介していますので、車中泊をしてみたいと考えている方は、そちらも参照して下さい。
今回は、戸隠森林植物園の木道で観察したヒガラを紹介します。
f0330321_2056565.jpg
ヒガラは、スズメ目シジュウカラ科の野鳥ですが、胸からお腹にかけて白色で、シジュウカラにあるあのネクタイのような黒帯がありません。
その代り、顎から喉にかけて続いている黒い羽が、蝶ネクタイを結んでいるように見えます。
f0330321_20564649.jpg
高原に生息する野鳥は、小型のものが多いのですが、このヒガラは全長11cmという我が国で生息する野鳥の中でも、その大きさは一、二を争うほどに小さな鳥になります。
f0330321_20564088.jpg
少し後ろを振り向いてくれましたから、頭部から側頸にかけて黒色ですが、後頸に白班があることが分かります。シジュウカラの仲間の中で、後頸に白斑があるのはヒガラだけですから、これも識別ポイントとして押さえておきたいポイントの一つです。
f0330321_20563266.jpg
ヒガラの顔は、前から見ると頭部と喉の部分が黒くて、両頬が白いです。X型に見えますが、市松模様のような形状をしています。
[PR]
by coffeeto1 | 2014-05-21 06:00 | 野鳥 | Comments(0)
<< アカハラとミズバショウ@戸隠 アカゲラとオオアカゲラ@戸隠 >>