高い樹上にいたキバシリ@戸隠

f0330321_2216585.jpg
前回は、戸隠森林植物園で樹肌に張り付いて走り回るゴジュウカラを紹介しましたが、今回は、同じように樹肌で忙しく動き回っていたキバシリを紹介したいと思います。これも、標高1,200mを越える戸隠公園では普通に観察出来る種類になりますが、今回見つけたこの個体は、立木のとても高いところに張り付いていましたから、思いっきりトリミングしています。だから、画像にアラが目立っていますが、そんな状況であったことでご理解をお願いします。
f0330321_22152899.jpg
キバシリは、全長13.5㎝という、スズメよりひと周り小さい可愛い野鳥になります。そんな小さい鳥を、高い木の上に見つけることが出来たのは、ホントに幸運の産物であると思います。
f0330321_22155093.jpg
背面は、木肌と同じような色合いで、これが保護色になっていると思います。ちょっと油断すると直ぐに見失ってしまいますから、見つけた後は目を離さずに、ずっとその行動を追い掛けていました。
f0330321_22155977.jpg
キバシリは、木の幹を張り付きなが、螺旋状に上に登って行くのですが、見ていたらこのような細い枝にも取り付いていました。
f0330321_22161189.jpg
くちばしはとても細く、やや下側に湾曲しています。木肌に張り付いて、樹皮の裏側に潜む昆虫やその卵などを採餌しています。かなり忙しく動き回っていましたから、ちゃんと餌が取れているのか気になりますが、餌が取れなきゃ生きていけませんから、取り越し苦労になりそうです。f^_^;)
[PR]
by coffeeto1 | 2014-05-19 06:00 | 野鳥
<< アカゲラとオオアカゲラ@戸隠 走り回るゴジュウカラ@戸隠 >>