渓流のミソサザイ@矢板

f0330321_21374724.jpg
今年のゴールデンウイーク前半の連休は、渡って来たばかりの夏鳥を観察しようと、栃木県下へ出掛けてきました。何時ものことながら遠出する時は、車にサブバッテリーと寝袋をを積んで、携帯ガスコンロとクーラーボックスが欠かせません。
今回も一泊二日の食料を確保して出掛けて来ましたが、暗くなったら冷たい缶ビールを飲むのが何よりも楽しみです。だから、クーラーボックスの存在意義はとても重要です。私が今使っているものは、釣具用品を作っているシマノ製の容量22リットルのものですが、6面全部が真空構造になっていて、保冷効果がとても優れています。真夏の熱い時期に、冷たい缶ビールとウィスキーのオンザロックが飲みたくて、保冷板を4枚入れて、缶ビール6本と自宅の冷蔵庫で作ったロックアイスをビニール袋に入れ、必要な食料品とともに詰め込んで、2泊3日の探鳥旅行に出掛けたことがありましたが、3日目の朝にロックアイスが全部解けずに氷の形で残っていて、その保冷力の高さに驚かされました。それ以来、車中泊だけでなく、家族旅行に出掛ける時も、必ず持って行く必需品になりました。小型の冷蔵庫が買える程の値段がしましたが、それだけの価値がある品物です。
前置きが長くなりましたが、今回は渓谷で観察することができた、ミソサザイを紹介します。
f0330321_21372510.jpg
この場所は、渓谷沿いですが近くにクロツグミの営巣場所があると思われます。崖面で餌捜しをしたり谷川の水を飲みに来たりと、頻繁に姿を見せてくれますから、クロツグミを撮影するには良い場所でした。そこで待ち受けていたところ、水辺の岩の上にミソサザイが飛び跳ねていました。
f0330321_21373945.jpg
前景が枝被りになってしまいましたが、チョコチョコ動き回るミソサザイは、体型が小さいうえに目立たない色合いをしていますから、画面に捉えずらい対象です。でも、こうして撮影してみると、尾羽をピンと立てて、可愛い姿をしています。
f0330321_21375626.jpg
渓谷の岩の斜面に留まって、周囲の様子を窺っているようです。餌のありかを探っているのでしょうか?それとも、営巣に適した場所を捜しているのでしょうか?ミソサザイにとっても、これからが繁殖シーズンになると思いますが、元気なヒナをたくさん育ててもらいたいものです。
f0330321_2138727.jpg
渓谷を上流側に向かって野鳥を捜しながら散策していると、賑やかなさえずりの声が聞こえてきました。とても元気な声が山間に響き渡ります。何処から聞こえてくるのでしょうか?辺りを捜してみると、小さい鳥が飛んで、折れた立木の先に留まりました。これも早速、撮影対象になりました。
f0330321_21381587.jpg
折れた立木の先端付近に場所を見つけて、ここでまたさえずりを始めてくれました。全身を使って力一杯鳴いているようです。元気な声が渓谷じゅうに響き渡っていきます。この声が聞こえると、繁殖期の山に来たことを実感させてくれます。
[PR]
by coffeeto1 | 2014-05-05 06:00 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by queso at 2014-05-05 08:16 x
クロツグミにミソサザイ、羨ましいです。
栃木で探鳥というと、奥日光しか思い浮かばない情けない私です・・・
ミソサザイは小さい身体に似合わず、とても大きな声で囀りますね。
今、都心部でも綺麗な声で囀るメジロもそうですね(^^)。
Commented by coffeeto1 at 2014-05-06 07:26
queso さん
メジロの囀りを初めて聞いた時のことを思い出しました。ビックリするくらい良い声で鳴いていて、何の鳥だろうと気持ちを昂ぶらせてしまいました。
<< 渓谷にいたキビタキ@矢板 渓流で観察したクロツグミ@矢板 >>