タグ:ヒタキ科 ( 82 ) タグの人気記事

コサメビタキとキビタキ

f0330321_22124211.jpg
6月中旬に、長野県の戸隠森林植物園へ出掛けて、野鳥写真を撮影してきました。そこで撮影した写真については、これまで何回かに分けて紹介してきましたが、撮影した写真を整理していたところ、その中にまだ紹介していないコサメビタキの写真が数枚ありました。これだけ単独で紹介できるほどの枚数もありませんから、どうしようかと迷っていましたが、まだ紹介していないキビタキの写真が少し残っていましたから、これと抱き合わせで紹介させていただくことにしました。....ということで、初めはコサメビタキの写真から紹介します。
f0330321_22123631.jpg
この写真を撮影したのは、戸隠森林植物園の中央園地から入って、ミズバショウ園に向かう木道の途中です。アオジやノジコの囀りが良く聞こえていましたから、その写真を撮ろうとカメラを構えていたところ、このコサメビタキが飛来してくれました。
f0330321_22125211.jpg
こちらはキビタキです。葉の茂った木の茂みの中に留まってくれました。よく日が当たっていますから、胸の黄色い部分がより色濃く目立ちます。
f0330321_2212309.jpg
このコサメビタキは、ここに飛来してくれたと思ったら、数枚の写真を連射する間に直ぐ飛び去って行きました。もう少し、じっくり撮影したかったのですが、こればかりは仕方ありません。数枚でも撮影できたことを良しとしなければいけませんね。
f0330321_22125719.jpg
日当たりの良い樹上で暫く辺りを見回していたこのキビタキは、やがて何れかへと飛び去って行きました。こちらも、つかの間の撮影チャンスでした。
f0330321_22124769.jpg
このキビタキは大きなイモムシを捕まえて、何度も振り回しています。弱らせてから飲み込もうとしているのか、巣で待つひな鳥に餌を運ぼうとしているのか....?
[PR]
by coffeeto1 | 2016-07-17 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

若葉に包まれたキビタキ

f0330321_20314270.jpg
梅雨に入ったばかりの6月中旬、戸隠森林植物園へ野鳥観察に行ってきました。最近は雨模様の天候が続いていますが、この頃はまだ大雨が降ることもなく、車中泊をしていた夜間には雨に降られたものの、昼間は自然観察に支障もなく撮影を続けることが出来ました。そればかりか、涼しい環境でしたから、重いカメラを担いで歩き回っても、さほど苦痛に感じないような清涼感に包まれて、気持ち良いくらいです。野鳥写真の撮影にも、そこそこの成果を上げることが出来ましたから、出掛けてきた甲斐があったというものです。
今回は、そんな成果の中から、キビタキの写真を紹介してみたいと思います。
f0330321_20315428.jpg
この時期は、若葉が出てからまだそんなに時間が経っていません。やっと色濃くなってきたような状況ですが、葉が茂るに連れて野鳥の写真を撮るのが次第に難しくなってしまいます。でも、今回は、上手い具合に直ぐ近くで観察することが出来ましたから、若葉の中に踊るキビタキを撮影することが出来ました。
f0330321_20314815.jpg
私が訪れたこの日は、代休をもらった月曜日でしたから、植物園の中に観光客の姿はなく、大変静かな環境でした。たまたま出会ったカメラマンから、人がいなくて心細かったなどという声が聞こえたほどでした。
f0330321_20312159.jpg
観光客やハイカーなどがゾロゾロたくさん入ってくる週末の環境では、野鳥たちも森の奥に潜んで出てくることは少ないでしょうが、この日は安心して散策路の付近まで出てきてくれたようです。お蔭で私も、たくさんの写真を撮影することが出来ました。
f0330321_20313011.jpg
とても静かな環境の中でしたから、この日1日カメラを担いで歩き回っている間に、10種類を超える野鳥の姿を撮影することが出来ました。戸隠森林植物園は、平日の静かな環境であれば、季節に関係なくたくさんの野鳥たちと、出会うことが出来そうです。
f0330321_20313655.jpg
さて、今年の繁殖シーズンですが、私の個人的な感想としては、キビタキがとてもたくさん観察できた当たり年ではないかと感じています。少なくても今シーズン、足を運んできた探鳥地の全てでキビタキが間近に観察できて、撮影することが出来ました。こんな経験は今までにありませんでしたから、余計にそんなことを感じています。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-07-12 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

オオルリとアカゲラ

f0330321_12294958.jpg
このところ、九州地方をはじめとした西日本に大雨が降り、都内も雨の日が多くて梅雨らしい様相が続きます。しかし、東京の水瓶と云われる、ダム湖の貯水率が落ち込んでいるようです。都内に雨が降ることも必要なんですが、上流地帯にもっとたくさん降ってもらいたいものです。そうでなければ、夏場に給水制限が行われることになるでしょうから、その方が困ります。今年の夏は例年に比べて、暑くなると予想されていますが、はてさてどんな状況になることでしょうか、気に掛るところです。
6月中旬に長野県の山の中へ、自然観察に出掛けてきました。一番の目的は野鳥写真の撮影にあったわけですが、山野草でも動物でも、チョウや昆虫の仲間でも、間近にその姿を観察できたら、みんな撮影対象になります。今回は、そんな中からオオルリとアカゲラの写真を紹介したいと思います。
f0330321_12291380.jpg
これまで、コーヒー党の野鳥と自然で野鳥写真を紹介する時には、1回に1種類とすることが多かったのですが、この場所ではオオルリの写真がほんの数枚しか撮影できなかったので、やはり撮影枚数の少なかったアカゲラと抱き合わせで紹介することにしました。
f0330321_12293221.jpg
湿原の中にある池のほとりで、モリアオガエルの卵塊などを観察していた時、繁った樹木の間から見えた枯れ木に留まっているキツツキの仲間を見つけました。でも、少し距離があります。
f0330321_12292140.jpg
このアカゲラを撮影には、オリンパスの E-M1 + 300mmF2.8 + EC-14 という機材の組み合わせを使用していました。フォーサーズ規格ですから35ミリ換算で840mm相当の撮影ができます。1.4倍のテレコンを使用していますが、EC-14は画像の劣化が殆どないと評価が高いものです。その上、AFの追従も軽快ですから、うまく撮影することができました。
f0330321_12292744.jpg
樹間に覗く枯れ木を突きながら、暫く動き回っていたアカゲラは、間も無く飛び去ってしまいました。もう少しじっくり撮影したかったのですが、こればかりは致し方ありません。キョッ、キョッと鳴く声が、森のかなたに遠ざかっていきました。
f0330321_12294493.jpg
さて、こちらはオオルリですが、カメラを担いで林道を歩いていた時に、高らかに囀る声が響き渡ってきました。どこで鳴いているんだろうか? 辺りを注意深く探してみたところ、この枯れ木の頂に留っている姿が見つかりました。
f0330321_12295595.jpg
このオオルリの姿をファインダーの中に入れて、シャッターを押して数枚連写したところで飛び去ってしまいました。見つけるまでに少し時間が掛かってしまいましたから仕方ありませんが、もう少し早く見つけられていたらと悔やまれるところです。飛び去った山の奥の方から、オオルリの囀る声が遠くから聞こえてきました。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-06-30 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

緑陰キビタキ

f0330321_2241769.jpg
野鳥がたくさんいる、自然環境の豊かな場所まで遠征して、野鳥や山野草などの写真を撮ることが楽しみです。でも、そのためには、どうしても東京から離れた山の中まで出掛けることになってしまいます。そうすると、日帰りではとても時間が足りませんから、週末の土日を利用せざるを得ません。車中泊をしながら1泊2日の日程でスケジュールを組むわけですが、仕事との兼ね合いで代休や年休を上手く使えば、2泊3日とか3泊4日の遠征も出来ることになります。そんな私にとって、車中泊は宿泊費が掛かりませんから、とても有難い手段になっています。
このキビタキの写真を撮ったのも、車中泊をしながら、群馬県の山の中にあるキャンプ場へ行った成果ですから、今回はそんな車中泊の話をまとめて紹介してみたいと思います。
f0330321_22405148.jpg
これまで何回も車中泊を経験するうち、快適な生活が送れるよう、サブバッテリーを積んでカメラのバッテリーの充電はもちろん、電気毛布や扇風機も使えるようにしたり、6面真空構造のクーラーボックスで2~3日は冷たいビールが飲めるようにするなど、次第に道具が増えてきました。
f0330321_22405668.jpg
もちろん車も、車中泊仕様のホンダ・スパイクハイブリッドに買い換えて、フルフラットな居住空間を得ることが出来ました。車内では、専用の座椅子を使ってリラックスできるほか、ブラインドシェードや夏場の必需品である網戸なども完備出来て、快適さが増してきました。
f0330321_22404098.jpg
ところで、この写真とこの上の写真は、同じような姿勢のキビタキが写っています。間違い探し的な写真になってしまいましたが、さて違いはどこでしょう。分かりますか....?
閑話休題、また車中泊の話に戻りますが、いろいろ道具は揃ってきましたが、後は毎度の食事の支度が問題です。
f0330321_2241267.jpg
三度の食事をどうするかというところですが、もともと料理など作ったことが殆どないうえ、料理を作る時間があったら、野鳥写真の撮影に時間を使いたいと思っていますから、その辺の兼ね合いが課題です。以前は、コンビニ弁当やパンが主流であったのですが、山の中にはコンビニがありませんから、今はお湯を入れるだけで出来るご飯と、レトルト食品が主流になりました。
f0330321_22411326.jpg
それでも、連泊する場合は困ることもあるので、山用品のモンベルストアで購入したアルパインクッカーを利用して、この頃ではスパゲッティを茹でたり、蕎麦やうどんを食べることも増えてきましたし、焼きそばなどもメニューに入るようになりました。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-06-23 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

樹間に遊ぶコサメビタキ

f0330321_22485298.jpg
木漏れ日が差す明るい樹間を、小さい野鳥が飛び交っていました。すぐに何処かへ飛び去ってしまいますが、少し待っていたらまた姿を現してくれました。でも、落ち着きがなく、また何処かへ飛び去ります。何の鳥だろうか、飛来してくれても留まっている時間が短いですから、なかなかシャッターチャンスに恵まれません。何回目か現れてくれた時に、後ろ姿ながらファインダーの中に捉えることが出来ました。その立ち姿から、ヒタキの仲間であるだろうと思われましたが、後ろ姿だけでは種類を特定することが出来ません。....とその時、横を向いてくれました。目先が汚白色で白っぽく見えましたから、どうやらこれはコサメビタキで間違いなさそうです。
f0330321_22482369.jpg
今回は、高原に2日間滞在して、かなりの距離を歩き回りました。サンニッパの望遠レンズを三脚ごと担いで歩き回るのは、なかなか草臥れる仕事ですが、歩けばそれなりに成果が上がります。だから、この撮影スタイルはこれからも変えるつもりはありません。
f0330321_22484417.jpg
野鳥写真を撮る人は、その撮影スタイルが二通りあって、三脚を据えてひたすら野鳥の出現を待つタイプと、私のように歩き回って野鳥を探し回るタイプがあると思います。どちらが効率よく写真が撮れるか比べたことはありませんが、私は歩いて探し回ることがほとんどで、椅子に座って野鳥の出現を待つことはあまりありません、
f0330321_22483924.jpg
それは撮影者自身の性分もあるでしょうが、私の使っているカメラが、マイクロフォーサーズ規格ですから小型軽量で、歩き回って撮影するスタイルに合っているというのも、この撮影スタイルが多くなった理由の一つになっているんだろうと思います。
f0330321_22485813.jpg
そんな撮影スタイルで歩き回っていると、お目当てではない鳥と偶然遭遇して、大きな拾い物をすることもありますが、そんな機会はそうあるものではありません。歩き回ること自体が嫌ではありませんから、この日もかなりの距離を回ってみたところ、このコサメビタキと遭遇することが出来ました。
f0330321_224932.jpg
何ショットか撮影したところで、このコサメビタキはまた何れかへ飛び去って行きました。その直前、体勢を屈めてまさに飛び立とうとするところが写真に写っていました。樹間に遊ぶコサメビタキとの、束の間の出会いでした。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-06-09 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

枝先のキビタキ

f0330321_22245860.jpg
高原の樹間を縫うように散策路が付けられていました。ここを訪れた時期は、ちょうど夏鳥たちが渡って来て、これから繁殖を始めようとする季節です。高原が賑やかになってきましたから、カメラを担ぎながら散策路を歩くと、いろいろな鳥のさえずりが聞こえてきます。もちろん、地付きの留鳥も沢山いますから、鳴き声を聞き分けながら姿を見つけて、一つひとつ確認していくのが楽しい散策になります。これで担いでいる撮影機材がもっと軽かったら言うことないのに....、マイクロフォーサーズのカメラとサンニッパという組み合わせでも、三脚に載せて担いで一日中歩き回っていると、その重さは次第に肩に堪えてきます。でも、野鳥の姿を上手くゲットできた時の充実感を考えると....。
f0330321_22251279.jpg
樹間の奥へと足を進めると、ピップルピップルと聞き慣れたさえずりの声が響いてきました。あの声の主は、キビタキに間違いありません。
今シーズンは野鳥写真を撮るために何回か遠征してきましたが、外したことがない鳥です。ここでも、間近に撮影することが出来ました。
f0330321_22252411.jpg
今シーズンはキビタキの当たり年なんでしょうか? なんて勝手に思ってしまうほど、キビタキの写真はたくさん撮れているように思います。面白いもので、今回も狙っていたわけではないのに、キビタキのさえずりに引き寄せられてしまったようです。
f0330321_2225787.jpg
この日歩いてきたコースは、これまでに何回か足を運んだことのある場所ですが、キビタキに出会うことができるのは五分五分の確率であったと思います。だから今シーズンは、余計にキビタキに出会うチャンスが多いように思われます。
f0330321_22251859.jpg
高原では木々の若葉が展開し、次第に色濃くなっていくようです。そんな環境の中でさえずりの声を聞かせてくれるキビタキは、爽やかな山の印象をより強く感じさせてくれる存在になります。
f0330321_22253094.jpg
ここでは、頭上のズミの木で枝先を遊び回る姿を確認することが出来ました。撮影はできなかったのですが、♀の個体も一緒にいたようです。この日は、キビタキが何か所かで確認できて、嬉しい収穫になりました。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-06-08 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

草原のノビタキ

f0330321_23295323.jpg
ゴールデンウィークが終了した後、職場の仕事が急に忙しくなって、2週続けて野鳥写真を撮影するための、遠征旅行へ出られなくなってしまいました。それまでは、撮影した写真のストックがたくさんあり、このブログで紹介する記事を作成するにも余裕があったのですが、さすがに2週続けて出かけられなくなると、そのストックも底を突いてしまいました。これは困った事態です....何とかしなければ....というわけで、5月最後の週末は、切羽詰まった気持ちに急かされるように、撮影のための1泊2日の遠征に出掛けてきました。
ところが先週は仕事が忙しかったうえ、飲み会も続きましたから、体力的にちょっときついなという状況でした。それで、土曜日はいつもと同じ時間にゆっくり起床して、愛犬チョコちゃんのお散歩に付き合ってからしっかり朝食を取り、現地には昼頃到着できれば良いという気持ちで出発しました。
f0330321_2330082.jpg
目的地の選択如何にもかかる話ですが、その日は幸いなことに高速道路の渋滞がありませんでした。お蔭で、殆どノンストップのまま昼ちょっと前には現地に到着することが出来ました。まずはお湯を沸かして昼食の準備です。お昼を食べてから撮影体制に入りたいと思います。
f0330321_23305222.jpg
この時期ですから、標高1,400mの高原にはノビタキやホオアカ、カッコウなどの夏鳥が賑やかなことと思います。それに山野草もそろそろ花開いていることでしょう。この日、オリンパスのE-M1 + ED300mmF2.8 + EC-20 をジッツオの三脚に担いで、M.40-150mmF2.8 PRO をサブに持って出かけましたが、結構長い距離を歩き回ったこともあって、とても疲れてしまいました。
f0330321_23302025.jpg
この日ももちろん車中泊です。日足が長くなりましたから、午後6時過ぎまで撮影することが出来ました。車に戻ってイスとテーブルを出し、夕食の準備に取り掛かります。都内では30度近い真夏日を記録しているというのに、ここでは気温が10度以下に下がり、車外では寒くなってしまい、早々に車へ潜り込むような状況でした。
f0330321_23304266.jpg
ワタスゲの花が咲く草原が、ノビタキの繁殖に適した環境です。ここでは♂の個体だけでなく、♀の個体もよくその姿を見せてくれました。
f0330321_23302639.jpg
草原を縫うようにつけられた木道を、カメラを担ぎながら歩いて行くと、遠くからカッコウの声が響き渡ってきました。初夏の高原の雰囲気満々です。爽やかな空気の中を、ノビタキが草をかすめるように低く飛んで行きました。
f0330321_2331274.jpg
草原に低い立ち木や杭があると、そこはノビタキが羽を休めるちょうど良い止まり木になります。一度止まると暫く留まって、周囲の様子を伺っているようでしたが、時折パッと飛び立ちます。餌となる虫が飛んだのでしょうか?
f0330321_23303348.jpg
この日は、木道を往復する間に随分たくさんの写真を撮影することが出来ました。たまにホオアカの写真も撮れましたが、後から確認すると、そのほとんどがノビタキの♂の写真でした。草原のノビタキは、今年もたくさん飛来してくれたようです。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-06-01 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

コマドリはとても元気でした

f0330321_23434728.jpg
今年のゴールデンウィークは前半と後半に分けて、それぞれ狙いを定めた遠征に出掛けてきましたが、自分なりに満足できる成果をあげることが出来たと思っています。このブログでは、これまで何回かに分けてその結果を紹介してきましたが、ゴールデンウィーク中に撮影した写真の紹介は、一応、今回で一区切りつけたいと思っています。
ゴールデンウィーク中は、若葉が芽吹き始める時期で、飛来してきたばかりのオオルリやキビタキなどの夏鳥の撮影には、葉が繁る前の見通しが利く環境の中ですから、見つけ易いうえ撮影するにもうってつけのロケーションを提供してくれます。私にとっても、車中泊をしながら野鳥を探し回る遠征旅行をするには、爽やかな気候ですから一年を通してこんなに恵まれた機会はそうはありません。今年もまた、前半戦はお気に入りの渓谷に籠って夏鳥たちをたっぷり撮影してきましたが、後半戦ではもっと標高の高いところで繁殖する、コマドリに狙いを定めて遠征旅行の計画を立ててみました。
f0330321_23435768.jpg
今回、繁殖するコマドリを撮影した場所は、標高1,300mを超える山の中ですからゴールデンウィーク中とはいえ、かなり冷え込む環境でした。冬支度で撮影に取り組みましたが、今回もたくさんの写真を撮影してくることが出来ました。
f0330321_23442688.jpg
今シーズン撮影してきたコマドリの写真については、既にこのブログにおいて “苔の上に踊るコマドリ” として紹介してきましたが、撮影当日はとてもよく出てくれて、数時間滞在する間に気が付けば、2,000枚以上の写真を撮影していました。
f0330321_23441685.jpg
たくさん撮影してきたものの、整理してみると同じような写真ばかりになってしまいました。見ていただくにも気が引けますが、せっかく撮影してきたものですから、そのままお蔵入りさせてしまうのも忍びなく思います....。そんな訳で、ここでまた紹介させていただくことにしました。
f0330321_23444427.jpg
それにしても、現地では早朝からたくさんのカメラマンが集まっていました。山の中ですが、車を駐車させるスペースがあまり広くありませんから、置き場所を確保するのがやっとの状況でした。これまで何回か足を運んできましたが、だんだん来訪者が多くなってきているように思います。
f0330321_23443596.jpg
今回は、2泊3日の行程で足を運んできましたが、初日に雨に降られてしまいましたから、麓で車中泊することにしました。翌朝は日の出とともに起床して、朝食を済ませてから出発しましたが、コマドリ撮影ポイントまでは車で小一時間ほどの距離がありました。
f0330321_23445410.jpg
現地では、早朝からたくさんの車が駐車していました。そんな状況に驚きながら、撮影機材を準備して出掛けてきました。うまく会えるかちょっと不安もよぎりましたが、到着して直ぐコマドリは元気な姿を見せてくれました。
f0330321_234464.jpg
このコマドリの写真を撮った日は、予想以上にたくさんの写真を撮ることが出来ましたから、午後からは場所を移動して、他の野鳥写真を撮影してきましたが、クロツグミを撮りたいという気持ちが強く、その日はトイレが併設された駐車場で車中泊することにしました。クロツグミの情報を聞いていた場所は、そこからまた1時間ほど走ったところにありましたが、“クロツグミに狙いを定めて” で紹介したように、間近に撮影することが出来ました。雨に降られたりもしましたが、この遠征旅行もそれなりの成果を上げて、有終の美を飾ることが出来たと思います。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-05-28 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

枝先のキビタキ

f0330321_221529.jpg
もうそろそろ5月も終わろうとしていますが、まだゴールデンウィーク中に撮影した写真の紹介を続けています。紹介しきれないものがまだ少しありますから、今しばらくお付き合い頂きたいと思います。
野鳥写真を撮るようになって、初めの頃は写真を撮るより先に、まず野鳥を見つけることが難しい作業でした。その頃は、カメラの扱いにも慣れていなかったので、モタモタしてシャッターチャンスを逃し、悔しい思いをしたことが何度もありました。(今でもそんなことはしょっちゅうある話ですが...)この頃になって思うことは、やはり鳥がいるところへ行かなければ、野鳥の写真が撮れないということです。当然の話ですが、これは私が体で覚えた教訓であるように思います。それで、いろいろな人から話を聞いて、鳥のいる場所へ出掛けるようになったのですが、そのためには日帰りで対応できないことが多くありますから、何処でも寝られる体制と、それに必要な機材が必要になりました。試行錯誤の連続で、今では連泊しながら野鳥を追いかけることも、そんなに苦もなく出来るようになりましたが、何と言っても仕事との兼ね合いで、休日にしか出掛けられないのが大きな足枷になっています。
f0330321_2214867.jpg
そんな訳ですから、お休みが続くこのゴールデンウィーク中は、野鳥写真を撮るのに一番良い期間でした。うまく利用して良い写真をたくさん撮りたいと、今年は早くから予定を組んで出掛けたところ、自分では十分に満足できるだけの、撮影をしてくることが出来ました。
f0330321_2205668.jpg
今回紹介するのはキビタキの写真ですが、ゴールデンウィーク後半戦の主目的は既に紹介してきたコマドリにありました。目的地に出向いたところ、難なくゲットできましたから、その日の午後から他の鳥を撮影しようと、少し離れたこの場所へ移動してきました。
f0330321_2213436.jpg
ここに来るのは3回目になるでしょうか、前回来た時も歩き回った場所ですが、キビタキやルリビタキ、アカハラなどの野鳥が比較的たくさん観察できましたから、今回も立ち寄ったわけですが、また同じような場所でキビタキの歓迎を受けることができました。
f0330321_2214271.jpg
今回は、キビタキの♂だけでなく、ダム湖の近くで♀の個体を比較的近くから撮影することが出来ました。山の中では♂と♀が一緒になって飛び回る姿も確認してきましたが、残念ながらそのシャッターチャンスには恵まれませんでした。
f0330321_2212316.jpg
枝先に留まってくれたキビタキ♂の個体です。この辺りでは、ようやく芽生え始めた若葉が、春らしくて柔らかな風景を醸し出してくれました。葉が茂る前の、とても撮影しやすい環境でした。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-05-25 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

クロツグミに狙いを定めて

f0330321_2365992.jpg
今年のゴールデンウィークは、新緑が芽生え始めた山の中で野鳥観察をしようと、かなり早い時期からその計画を練ってみました。それで、前半戦はオオルリやキビタキがたくさんいる渓谷に行って確実に撮影すること、そして後半戦はコマドリを撮影したいということで、山に入ることにしました。その結果は既に紹介したとおりで、オオルリやキビタキは予想以上に収穫がありました。そこでもう一つ狙いを定めたのが、前半戦でうまく撮影できなかったクロツグミを撮影することでした。後半戦の初日は雨に降られていまいましたが、あとの2日間は天候に恵まれました。2日目に一番の目的であったコマドリを撮影することが出来ましたから、3日目はクロツグミだけに狙いを定めて場所の選定に入りました。以前にクロツグミが営巣していたという話を聞いた場所が、割合近いところにありましたから、そこで探してみようとすぐに方針が決まりましたが、然りとて確実な情報ではありませんから、心配もありました。
f0330321_2365217.jpg
この日クロツグミ探しに行った場所は、山あり渓谷あり別荘地あり牧場ありの多彩な環境にありました。まず最初に足を向けたのは、渓谷沿いの土がむき出しになった斜面が続く場所でした。ここではビンズイやアカハラは確認できましたが、クロツグミは見当たりません。場所の選定を誤ったようです。
f0330321_237966.jpg
トイレを利用するために駐車場に戻って、近くのセンターで情報収集をしたところ、別荘地の周辺に縄張りを持つ個体がいるとの嬉しい話が聞けました。これは有難い情報です。すぐにその方向へ足を向けたのは、当然の話です。
f0330321_2364016.jpg
別荘地の取っ付きへ足を運んだところ、すぐにこの写真の個体が見つかりました。でも、どんどん薮の中へ移動していきましたから、間もなくその姿が見えなくなってしまいました。
f0330321_237490.jpg
あまり移動しないで別荘地周辺を中心に探してみましたが、この辺りだけで数個体のクロツグミが観察できました。別荘のすぐ脇から飛び上がったこの個体が、近くの立木に留まってくれました。これは近い距離です。
f0330321_2364741.jpg
こちらの個体は、別荘地帯の外れの少し開けた場所を好んで餌取りをしていました。何回か通過しましたが、その都度ここに戻って餌拾いをしているようでした。狙いを定めてきたクロツグミを、ここでしっかりゲットすることができました。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-05-23 06:00 | 野鳥 | Comments(0)