タグ:シジュウカラ科 ( 29 ) タグの人気記事

ヒガラの幼鳥

f0330321_1657432.jpg
このところ日本には台風がいくつも接近して、各地で大雨の被害が出ています。8月20日の土曜日は都内でも局所的な豪雨があり、私の自宅付近でも一時的にものすごい雨が降りました。こんな状況では21日の日曜日も雨に降り込められるだろうと思っていたのですが、日曜日は朝から良く晴れて、とても暑い一日になりました。予定もしていなかったのですが、あまりにも良いお天気でしたから、シギチを観察するにはちょうど良い頃合いだと思い、朝のチョコちゃんのお散歩を済ませてから、休耕田巡りに出かけてきました。まずまずの成果を上げることが出来ましたから、順を追って紹介していきたいと思います。
7月最後の週末に、避暑を兼ねて出掛けた山の中で観察した野鳥の紹介をしてきましたが、今回紹介するのはヒガラの幼鳥になります。
f0330321_16571696.jpg
このヒガラの写真を撮影した時は、梅雨明け直後の熱さを逃れて、少しでも涼しいところで自然観察しようと思い、群馬県下へ遠征してきたわけですが、朝の散策に出掛けた時に撮影したものです。
f0330321_16572223.jpg
これまでに、何回か足を運んできたところですから、地理的な不安はありませんが、野鳥との出会いに関しては運も大きく左右します。早朝の散策に出掛けたところ、野鳥の群れと遭遇することが出来ました。
f0330321_16572745.jpg
この日足を運んできたのは、赤城の山の中ですが、大沼と小沼の間にある覚満淵という高層湿原の周辺が、自然観察にはとても良い環境で、野鳥だけでなく山野草の観察にも適したところです。
f0330321_16571199.jpg
ビジターセンターから覚満淵に続く散策路は、木陰の中を歩く樹も落ちの良い小道が続いています。日向は暑さがありますが、木陰の涼しさはとても沖も落ちが良いものです。ここではヒガラの群れと遭遇しましたが、この個体の羽衣は色が淡いですから、今年生まれたばかりの幼鳥であることが分かります。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-08-22 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

森のコガラ

f0330321_2210529.jpg
今から10年くらい前は、バードウォッチングの面白さにどっぷりとはまり込んでいて、どんな鳥を見ても楽しいと感じていました。特にその頃は水辺の野鳥を追いかけることに傾注していて、炎暑の季節でも休みになると、田んぼ巡りをしてシギチを観察したり、海辺でアジサシ類の観察をするのが定例パターンとなっていました。クラクラするような暑さの中にいても、シギチやアジサシの仲間を観察することが面白かったのです。
今から思うとまだ年齢的に若いうえ、バードウォッチングに魅せられていましたから、暑さにめげることもなく、好んでそんな環境の中に飛び込んでいったと思います。でも、山登りをするようになって、山の涼しさにすっかり魅せられてしまいました。この頃では暑い平地で熱中症を心配しながら、野鳥観察する気持ちにはなれません....。そんな訳で7月最後の週末は、梅雨明けしたこともありましたから、猛暑の都会を離れ、山の中へ1泊2日の避暑を兼ねた自然観察に行ってきました。
今回は、山で出会ったコガラの写真を紹介します。
f0330321_229521.jpg
標高が100m高くなると、気温は0.6度下がると言われています。今回訪れた場所は標高1,400mほどの場所でしたから、例えば平地が35度になったとしても、この計算でいけば26.6度ということになりますから、クーラーの効いた室内にいるようなものです。
f0330321_2295991.jpg
日当たりの良い場所では、標高が高いといってもやはり暑さを感じますが、いったん日陰に入るとまるで別世界のような快適さです。山の中で涼しさを満喫しながら、のんびり週末を過ごすことができますから、こんなに有難いことはありません。
f0330321_2294321.jpg
おまけに、暇つぶし方々、カメラを担いで周囲を散策してくると、1日があっという間に終わってしまい、時間が足りないと感じるくらいです。
もう1日余裕があれば、心身ともにリフレッシュ出来て、最高のウィークエンドになると思うのですが、なかなか思うようにはいかないものです。
f0330321_22101112.jpg
今回も車中泊でしたから、朝起きて最初にやることは、車の脇にイスとテーブルを出して朝食の支度をすることでした。携帯コンロでお湯を沸かしてコーヒーを淹れ、野菜サラダとサンドイッチ、バナナとヨーグルトがこの日の朝食メニューでした。
f0330321_22101647.jpg
朝食を済ませて、緑深い森の中の散策路を歩くと、そこには野鳥たちの元気な姿が踊っていました。この辺りには、シジュウカラなどの仲間が多くいるようですが、たまたまコガラが群れで飛来してくれました。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-08-20 06:00 | 野鳥 | Comments(2)

若いヒガラ

f0330321_2224591.jpg
戸隠森林植物園で観察した野鳥たちの紹介を続けていますが、そろそろネタ切れになってきました。1日で10種類以上の野鳥写真が撮れましたから、このブログで1日に1種づつ紹介しても、2週間くらいネタが続いてくれました。紹介できる写真があるうちは良いのですが、ネタ切れになったら困ります。でも、今のところ他の場所で自然観察してきた時に、撮り溜めた写真が少し残っていますから、暫くはそんな心配も無用になりそうです。
f0330321_22234111.jpg
今回紹介するのはヒガラの写真ですが、蝶ネクタイの様相を呈する喉の黒い部分が、まだ完全に生え揃っていません。親鳥であれば黒い部分がクッキリと出ますから、これは若鳥であると思われます。
f0330321_22232320.jpg
側面の様子が良く見える写真ですが、頭部の黒い部分がまだ完全に生え揃っていません。また、顔の部分の各羽も、まだ幼さを感じさせる風貌です。
f0330321_22251766.jpg
見るからに若そうなヒガラですが、今年生まれたばかりの個体なのでしょう。いたずら盛りの子供のように、元気に飛び回っている姿を観察させて貰いました。
f0330321_22234754.jpg
ところで、この書き込みがアップされているこの日は、ペットのチョコちゃんとともに家族旅行で霧ヶ峰に泊まっていると思いますが、天気予報では多分雨模様だと思います。でも、出来るだけ楽しい思い出を残して、このブログで紹介したいと思っています。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-07-18 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

葉影のコガラ

f0330321_2129415.jpg
大学を卒業して既に40年を経過しましたが、その当時同じゼミに在籍して一緒に学んだ仲間を集めて、OB会をやろうじゃないかと誘いを受けました。恩師の先生は既に亡くなっていますが、この週末は2期上、1期上の先輩5名と私と同期の2名が集まって、お久し振りの顔合わせをしながら、意見交換をしてきました。それにしても40年ぶりに再開する人達ばかりですから、みんな年をとっていてすっかり様変わりしていました。待ち合わせ場所では隣にいても、誰が誰なのか分からないような状況でしたが、話をしていくうちに、次第に昔のことが思い出されてきました。恩師が在学中に指導したゼミ生を集めて、旧交を温め合おうというものです。
f0330321_21293467.jpg
在学当時、同期の仲間であれば毎日のように顔を合わせていましたが、期が違うと週に一度くらいしか顔を会わせる機会がなくて、余り親しくはありません。だから、各期ごとに集まるならまだしも、あえて全員を集めても如何なものかという思いもありましたが、企画に乗ることにしました。
f0330321_21292061.jpg
でも、昔の仲間と会うのは、懐かしいのはもちろんです。それぞれ定年後の第二の人生を歩み始めていますが、みんな様々に人生を送ってきましたから、そんな話を聞くのも面白いものです。
f0330321_21293997.jpg
大学ゼミのOB会がどうなるか、とりあえず開催日と場所だけは決めましたが、あとはどれだけたくさんの人間が集まってくれるかです。それぞれ、同期の仲間と連絡を取り合って、開催に向けて人集めをすることになりました。
f0330321_21291314.jpg
さて、今回紹介するのはコガラの写真になります。今池湿原とひょうたん池の間に続く散策路に足を踏み入れた所で撮影しました。普段は木の上の方を渡り歩いている野鳥ですが、この時は、割合低い所で撮影することが出来ました。
f0330321_21292824.jpg
カラ類の仲間のうち、コガラは黒いベレー帽を被ったような風貌が特徴です。シジュウカラはネクタイ姿、ヒガラは蝶ネクタイ、ヤマガラはオレンジ色のシャツを着て、みんなそれぞれ個性的です。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-07-04 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

ヒガラが遊ぶ

f0330321_20222454.jpg
うっとおしい梅雨空の日が続きますが、今日も朝から雨模様です。こんな日に限って、仕事で外回りをしなければなりませんから、気が滅入ってしまいます。でも、嫌な仕事ではありませんから、気持ちを奮い立たせて、足を運ぶことにします。これで週末が良いお天気になってくれたら言うことないんですが、今度の週末は雨に祟られそうです。雨対策を考えておかなければなりませんが、雨でも楽しめるフィールドが何処かにないものでしょうか?
梅雨入り直後の週末に、赤城山の中腹まで出かけてみましたが、この時は良いお天気に恵まれて、色々な野鳥との出会いを楽しんでくることが出来ました。
f0330321_2022814.jpg
この日は、何時ものようにオリンパスのミラーレス一眼である、マイクロフォーサーズの E-M1 とED300mmF2.8 の組み合わせにEC-14 のテレコンを付けて、ジッツォの三脚に載せたフォーク型雲台にセットしました。これを担いで山道を辿りながら撮影してきましたが、小型軽量とはいえ、肩に負担が掛かります。
f0330321_20221987.jpg
フォーサーズ規格ですから、35mm版換算で2倍の画角が得られます。この組み合わせだと、840mm相当の画像が撮影できます。しかし、マイクロフォーサーズとはいえ、これを担いで1日歩き回るのは骨の折れる仕事です。
f0330321_20221492.jpg
散策路を歩いていると、そのすぐ先に野鳥が飛来してくれました。慌てて三脚を立て、レンズを向けたところ、ファインダーの中にヒガラの姿が入っていました。
f0330321_202201.jpg
カラ類の仲間は、それぞれ特徴のある羽衣をしています。コガラはベレー帽を被り、シジュウカラはネクタイを締めていますが、このヒガラは蝶ネクタイといったところでしょうか。山道を歩くと、ヒガラのさえずりの声が耳に心地良く響きます。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-06-25 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

コガラが遊ぶ

f0330321_2243547.jpg
この辺りの標高は、1,200〜1,300mくらいでしょうか。ゴールデンウィーク後半戦の一番のお目当てであったコマドリの撮影ポイントからは少し下がったところにあります。散策路も整備されていますから、カメラを担いで野鳥を探しながら、写真撮影してくるには有難い場所の一つです。草原あり、渓谷あり、ダム湖ありの多彩な環境に恵まれていて、おまけに小さいながら湿地帯もありますから、季節を選んでくれば山野草も楽しめる場所になります。今回は、数は少なかったものの、幾つかの山野草も観察できましたが、ゴールデンウィーク前半戦で訪れた渓谷に比べると、ずっと標高が高い場所にありますから山野草の観察には少し時期が早いという印象でした。でも、カメラを担いで野鳥を探し回るには、木々の葉がまだ芽吹き始めたばかりですから、とても撮影しやすい状況でした。
f0330321_22441225.jpg
ここでは、一番外周の経路を回れば2時間ほどの散策が楽しめますが、山野草や野鳥の撮影をしながらゆっくり歩き回って来ましたから、今回は倍の4時間ほどの時間をかけて歩いてきたことになります。
f0330321_22434072.jpg
散策経路を巡ってきて、一番低いところにあるダム湖の周辺まで来た時、近くのブッシュの中に野鳥の群れが飛来しました。何羽かで飛び回って賑やかな状況になりました。シジュウカラが目につきましたから、カラ類の混群であったとすぐに分かりました。ここではコガラだけを狙って撮影しました。
f0330321_2244080.jpg
カラ類の中でも、シジュウカラやヤマガラは東京都内の都市公園でも観察できますが、このコガラとヒガラは割合標高の高いところに棲息していますから、見ることはないのですが、以前、水元公園でヒガラを観察して驚いたことがありました。
f0330321_224475.jpg
しかし、このコガラだけは標高の高い山へ来なければ見ることが出来ませんから、ここではシジュウカラなどは追わずに、もっぱらコガラだけを狙って撮影してきました。
f0330321_22434740.jpg
この場所は、以前にも何回か足を運んできたことがありましたが、以前に比べると今回は、鳥影が薄かったという印象が残りました。入口で入場料300円を取られますが、今回はその料金に見合う程度の鳥の出方であったと、私なりには思っています。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-05-22 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

新緑に映えるヤマガラ

f0330321_17401623.jpg
新緑の中を、渓流に沿って散策するのはとても気持ちが良いものです。若葉だけでなく、山野草もたくさん咲いていますから、それらを一つひとつ観察しながら足を進めるのも、とても楽しい事ですが、渓谷を流れる水音を聞きながら、野鳥のさえずりに耳を傾けるのもまた、楽しみがあります。特に、渡ってきたばかりの夏鳥たちの、賑やかなさえずりの歓迎を受けると、それを聞いただけでも気持ちがウキウキしてきます。この声はオオルリだ、こっちはキビタキだ、遠くからクロツグミの複雑なさえずりも聞こえてきます。どこにいるか探してみるのもまた面白いものですね。でも、声のする方へ耳を傾け、目を凝らしてもなかなか見つからない事がほとんどですが、それでも時には、声より先に姿が目に入る事もあります。そんな自然観察を楽しみながら、渓谷を散策していると、1日があっという間に過ぎていきます。
f0330321_1740686.jpg
岩がゴロゴロした急坂の途中に、コスミレの花がたくさん咲いていました。こんなのを見つけると、どうしても写真に撮りたくなってしまいます。ザックを降ろして地べたに這いつくばるようにして撮影していたら、頭上から聞き慣れたヤマガラの声が聞こえてきました。
f0330321_1740111.jpg
顔をあげてみると、直ぐそこの若葉の中にヤマガラが2羽で飛来して、しきりに鳴きながら遊んでいるところでした。コスミレの撮影は後回しにして、三脚に載せた望遠レンズを振り向けます。
f0330321_174003.jpg
ところがこのヤマガラはチョコチョコとよく動き回りますから、なかなかファインダーの中に入ってくれません。焦れったい思いをしながらカメラで追いかけますが、近くに飛来してくれた割には、あまり多くの写真を撮ることが出来ませんでした。
f0330321_17395285.jpg
何かを咥えていますが、餌となるものが見つかったようです。枝に止まってちょうど良いポーズをとってくれましたが、残念ながら枝被りの写真になってしまいました。
f0330321_17402170.jpg
ひとしきり遊び回ったヤマガラたちは、やがて高い枝先に飛び上がり、そのまま何れかへ飛び去ってしまいました。思うように撮影できなくて残念でしたが、気持ちは早くも足元のコスミレの撮影に切り替わっていました。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-05-10 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

ヤマガラの餌運び

f0330321_22385663.jpg
サクラの花も咲いて、季節はとても暖かくなりました。もう、コートも要らない陽気となり、お日様の有り難さを実感できるこの頃ですが、このあたりで冬の間、通勤の時は必ず被っていた帽子の着用を止めることにしました。気温も随分高くなってきましたから、毎日続けている通勤途中の往復のウォーキングでは、額から頭部にかけて結構な汗をかくようになってしまいました。これまで被っていた帽子は、ウールツィードのセンター クリークハットで、もともと冬仕様ではあったわけですから、衣替えとともに次のシーズンまでお休みしてもらうことにして、これを機にスーツ類も冬着から合い着に変えようと思います。何だか気持ちも晴れ晴れとしてきました。
f0330321_22383864.jpg
私の頭部は髪の毛が少なくなってしまいましたから、冬の間は防寒の意味もあって帽子を被っていました。その着用を止めた初日は、さすがに頭部がスースーしましたが、風を切って歩いているようで、爽やかさを感じました。f^_^;)
f0330321_22385117.jpg
さて、今回紹介する写真はご覧のとおりヤマガラです。3月20日にヤマヒバリの写真を撮ってきましたが、その日は早めにゲットできたので、午後から八王子市の公園へ回ってみたところ、たくさんのヤマガラを観察することができました。
f0330321_22384569.jpg
ヤマガラたちは、斜面に降りて餌を探しているようでしたが、どうやらここにたくさんの木の実が落ちているようです。ヤマガラにとっては、こんなに嬉しい餌場はないでしょう。今回紹介するヤマガラの写真は、そんな木の実を咥えているところが多く写っています。
f0330321_22383046.jpg
よく見ていると、ヤマガラは咥えた木の実を斜面の窪地のような所で、くちばしでコンコン突きながら埋め込んでいるようでした。貴重な食料ですから、こうした所で備蓄しているのでしょう。
f0330321_22382450.jpg
以前にも、エゴの実を咥えとっては、何処かへ運んでいる様子を観察したことがありましたが、冬の間の食料確保のために、身についた習性なのだと思います。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-04-05 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

公園のシジュウカラ

f0330321_12363416.jpg
前回は、バードウォッチングを始めてからこれまで、野鳥と向き合うスタイルがずいぶん変わったという話を紹介しましたが、最近になって車中泊をしながら、じっくりと撮影に取り組むようになりました。時間に余裕ができると、不思議なことにそれまで見ることが出来なかった野鳥たちの姿が、よく見えるようになってきました。特に早朝の時間帯と、薄暮の時間帯にシャッターチャンスに恵まれることが多くありますから、これを逃す手はありません。その時間帯はまた、バードウォッチャーもまずいませんから、自分一人でじっくりと野鳥と向き合うことが出来ます。でも、その前提として、自分で野鳥を見つけなければいけませんから、探すのが得意でない人にはお勧めできません。でも、そうやって見つけた野鳥は、あまり警戒心がなく、割合近くから撮影できますから、こちらにとっても好都合です。
f0330321_1237960.jpg
ところで、車中泊をしながら野鳥観察をしようと思ったもう一つの理由は、探鳥地ガイドブックを参考にしながら、季節に合わせて各地を回ってみたいと思ったこともありました。車中泊をすれば、思い通りのコース設定が出来たり、探鳥地のはしごも出来るでしょうから、今までにない楽しみ方も可能です。
f0330321_12371534.jpg
ただ、出来れば現地の情報を事前に聞くなり、ネットなどで情報収集しておく必要はあると思います。探鳥地を紹介するガイドブック通りに行ったら、古い資料だったので現地の様子が変わっていて、ガッカリした事もありました。
f0330321_12372050.jpg
それと、季節の選定も大切です。特に、夏鳥が渡ってくる時期をいかに見定めるかが難しいところです。渡ってきたばかりはまだ木の葉が出ていませんから、写真撮影にはとても良いのですが、行った日には全くいなかった夏鳥たちが、その数日後に渡ってきて、たくさん観察できたこともあります。
f0330321_1237343.jpg
それから、車中泊をする場所については、温泉付きの道の駅が近くにあれば理想的です。昼間帯は、暗くなるまで野鳥観察をして、夜暗くなってからゆっくりと温泉に浸かり、早目に寝ることができれば、翌朝はまた早くから探鳥に打ち込めます。
f0330321_12365715.jpg
でも、こんなことが出来るのも、定年退職して第二の職場に努めるようになってからですから、現役世代の人には大変かもしれません。
この日は、湘南平にレンジャクを探しに行きましたが見事に振られ、辛うじてこのシジュウカラの写真を撮ってきました。でも、この翌日にはお目当のアリスイを撮影できましたから、良い時もあれば悪い時もあります。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-03-27 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

早春のコガラ

f0330321_22181663.jpg
定年退職後に第二の職場で働くようになって、間もなく2年が経過しようとしています。年とともに体力の低下は避けられないところだと思いますが、現役時代にメタボ検診で引っかかったことがあり、それ以来、体重管理と健康維持には特に注意するようにしています。検診に引っかかった時に、三度の食事に何をどのくらい食べたかと、毎日歩いた歩数について記録をとって、毎月取りまとめて報告することになったのです。その報告内容について保健指導を受け、保健師さんからアドバイスを頂きながら体のスリム化を図ることになりました。半年間にわたり報告を続け、指導を受けたことにより、メタボ診断の基準から外れて、少しは標準体形に近づくことができました。今は、できるだけ体力維持を図るよう、毎日少しずつですが体を動かすことに努めています。
f0330321_22182339.jpg
メタボ検診に引っかかって以来、保健師さんから勧められたのは、大学生の頃の体型にすることだったのですが、あの頃はかなりスリムであったので、到底そこまでは戻せません。でも、標準体形だけは何とか維持したいと思って、カロリーを取り過ぎないことと、歩くことで健康な体作りを続けてきました。
f0330321_22182957.jpg
歩くことについては、1日1万歩のウォーキングを目標にして、通勤時に降りる駅の一駅前から歩くことを始めましたが、なかなか達成できず、次第に二駅から三駅くらい前からのウォーキングに変わってきました。それとともに、急いでいる時を除き、自らにエレベーターとエスカレーターの使用禁止を課して、必ず階段を利用するようにしました。
f0330321_22183480.jpg
これは、その頃ライチョウが見たくて始めた山登りへの訓練にも繋がる話ですから、義務というよりも自分の楽しみでやっていたような感じで、お蔭で今までずっと続けてくることができました。
f0330321_22184184.jpg
山登りが面白くなって、でも山で脚力が弱いことを実感すると、通勤途中のウォーキングだけでは足りず、今では毎日欠かさずスクワットを繰り返すようになりました。これは、職場に設置されている美味しいコーヒーの自動販売機の前で、ボタンを押してコーヒーができるまでの30秒ほどの時間の間に、スクワットをやることで始めたものです。初めは10回ほどしかできなかったものが、今では24~28回くらい平気で出来るようになってきました。
f0330321_22184993.jpg
今回紹介するのはコガラの写真ですが、3月5日の土曜日に前日光牧場から井戸湿原の周辺を歩いてきた時に撮影したものです。まだ所々に雪が残っていて、アイゼンを併用しながらの散策になりました。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-03-17 06:00 | 野鳥 | Comments(0)