<   2016年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

樹上の小鳥

f0330321_11205229.jpg
前日に入手したばかりのオリンパスの ED 300mmF4 IS PRO を持って、近郊の公園へ試し撮りに行ってきました。ただし、今回紹介する写真は、2月14日に従来のサンニッパで撮影した画像ですから、参考に見てください。
さて、オリンパスのサンヨンは、とても期待が大きいレンズですから、色々な撮り方を試してみたいと思います。カメラのボディはもちろんマイクロフォーサーズのE-M1です。これにMC-14 の1.4倍のテレコンバーターを装着して、ジッツォの小型三脚に載せて使うことにしました。先ずは、小型軽量レンズの実証検査です。いつもは 300mmF2.8 を、三脚に乗せて歩き回っていますから、総重量は8Kg程度はあると思います。今回のシステムでは全部で3Kgを少し超える程度ですから、その差は歴然です。こんなに軽いシステムなら、山登りでも担いでいけるんじゃないかと思えるほどで、イワヒバリやホシガラスの良い写真が撮れそうな気がしています。
f0330321_1121660.jpg
次にオートフォーカスの効き具合ですが、フォーカスリングを手前に引いていると、オートフォーカスがオフになり、マニュアルフォーカスとなるのはこれまでのオリンパスのマイクロフォーサーズレンズと一緒です。オートフォーカスの効きはとても早いものだと思います。これには不足はありませんが、今回、藪の中にいる小鳥を狙ったところ、迷うというか他の枝に反応しすぎるところがあって、ちょっと不満を感じました。
f0330321_11211240.jpg
撮影した写真の解像度については、ジャスピンの写真は申し分ないレベルだと思うのです。でも、これは私の技術的なレベルの問題だと思いますが、ターゲットを捉えきれず、ピントの甘い作品をたくさん作ってしまいました。
f0330321_11211749.jpg
5軸シンクロ手振れ補正の効き具合を試してみたいと思いますが、三脚に固定して被写体を覗き込むと、ファインダーの中の画像が、海に浮かんだ船のように揺らぎました。初めは三脚に上手くセットされていないのではないかと思ったくらいの画像の揺れが感じられましたが、これはきっとシンクロ手振れ補正が機能している証拠なのでしょう。
f0330321_1121144.jpg
定評あるサンヨンですが、初日の使用感としては良かったというところで、実際に撮影した写真は、後日まとめて紹介していきたいと思います。
今回紹介する野鳥は、サンニッパに2倍のテレコンを付けて換算1,200mm相当で撮影したものですが、公園の高い木の上に1羽だけで飛来して留まってくれたものですから、アップで撮影というわけにはいきませんでした。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-02-29 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

葦原から出てきたアオジ

f0330321_1116096.jpg
オリンパスの ED 300mmF4 IS PRO が発売されるとアナウンスされたのが、今年の1月6日のことでした。これまで販売されてきたオリンパス製品の中でも、特に描写性能が高いトップクラスのレンズということでした。ネットに紹介されていたサンプル画像を見ても、驚くような描写を見せてくれていましたから、直ぐに購入予約を入れてきました。
当初から販売開始は2月下旬とされていましたので、ずっと首を長くして待っていました。2月26日になって、お店から電話がありました。金曜日のことでしたから、これは週末に使用することができるぞと嬉しくなって、直ぐに銀行で預金を下ろし、仕事が終わるとお店へ直行して手に入れてきました。お店で梱包された箱を見た時、予想より少し小さいなと思いました。手に持ってみた感じも、予想よりずっと軽い感じです。....これであれば、換算600mm相当の超望遠が手持ちで楽々撮影出来る。すごい武器が手に入ったものだと、もう内心ウキウキでした。
f0330321_1116731.jpg
実際の使用感はどうだろうか?とても気になるところです。明日は早速持ち出して、超望遠レンズが手持ち撮影できる軽快さを実体験してみるつもりです。ボディとレンズの5軸シンクロ手振れ補正は、果たしてどんな実力を示してくれるでしょうか。
f0330321_11154569.jpg
そして、一番気になるところはその解像力です。羽毛の1本1本まで解像してくれる、カリカリの画像を提供してくれるというその実力を、早くこの目で確認したいと思います。いやが上にも期待が膨らみます。
f0330321_11155293.jpg
明日はどこへ行ってみようか? 帰りの電車の中でこの書き込みをしていますが、思わぬビックプレゼントに気持ちが浮ついて、頭の中に色々な思いが交錯しますから、なかなか整理がつきません....。
f0330321_11161397.jpg
先日、サバンナシトドを撮影に行った時、午前中の早いうちに撮影できましたから、残された時間は近くを回って、野鳥を探しながら写真を撮影してこようと思いました。ここでは葦原から出てきたアオジがシメと一緒に仲良く餌を拾っていました。
f0330321_11161957.jpg
ここで撮影に使用している機材は、OLYMPUS E-M1 + ED300mmF2.8 + EC-20 でした。35mm版換算で、1,200mm相当の画角で撮影していたものです。今回手に入れた300mmF4 PRO レンズで撮影したものではありませんが、結果は追い追い紹介していきたいと思っています。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-02-28 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

草原のツグミ

f0330321_21313690.jpg
我が家から駅に向かう途中にあるお宅の庭で、白梅の花が満開になっています。もう一週間ほど前から白い花が咲き始めていましたが、ちょうど満開の見頃を迎えました。今朝もとても冷え込んで寒かったですが、春が来ていると実感させてくれる眺めです。ウメの花が咲き終わると、ミツマタやレンギョウ、サクラなどが次々と咲き競い、一気に春の様相となります。さて、これからが忙しい季節です。山野草も次々と咲き始めますから、早春の山歩きをしながらそんなスプリングエフェメラル達の姿をカメラに収めて来なくてはなりません。近郊の野山へ出掛ける機会が増えることでしょうから、そうすると野鳥観察が暫くおろそかになってしまいます。これまで野鳥の写真を紹介するのが続いていましたが、あと2、3週間もすれば、このブログには山野草の写真が並んでいることと思います。
f0330321_21311471.jpg
そんなことを思いながら、今朝は通勤電車の中でこの記事を書いています。でも、このところ観察に出掛けた先でたくさんの野鳥に出会うことができて、まだ紹介していない野鳥写真がだいぶ溜まっていますから、暫くはそんな鳥達の紹介が続くことになりますのでお付き合いください。
f0330321_21304739.jpg
このツグミの写真もそうですが、近郊に前回紹介したサバンナシトドが出ていると聞いて、週末を待ちわびて出掛けてきました。お目当には朝方の早い時間にゲットできましたので、これはその近くを回ってみたところ、河川敷の草原にいて近くから撮影できたものです。
f0330321_21312649.jpg
ツグミは、地面や草原などに降りて餌を探していることが多いのですが、ここでもやはりそうでした。来るべき北帰行に向けて、栄養補給に余念がありません。ここでタップリ栄養をつけているのでしょう。
f0330321_21303873.jpg
冬の間は単独で生活していたツグミ達は、渡去間際になると群れを作るようになります。春先には芝生の上や空き地などにたくさん集まっている姿をよく見ることがあります。
f0330321_21313135.jpg
冬の使者としてやって来たツグミ達は、春の訪れとともに姿が見られなくなっていくことでしょうが、それもまた季節の移ろいとして見送ってやりたいと思います。渡去前に、あの綺麗なさえずりの声を聞かせて下さい。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-02-27 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

サバンナシトドに会えました

f0330321_22231974.jpg
野鳥観察を始めて指折り数えてみると、今年の10月でちょうど20年になります。というのも、20年前に足の手術を受けるために1ヶ月間入院したことが、野鳥観察を始めたきっかけだったからです。骨盤の骨を大腿骨に移植して、退院後もギブスをはめて1ヶ月間を自宅で過ごしていました。毎日窓から外の景色を眺めては、外を自由に歩き回ってみたいと憧れていたのです。その時、近くの家のテレビアンテナに綺麗な小鳥が留まっているのを見つけました。何という鳥だろうか? とても興味を惹かれました。後から調べてみたらそれがジョウビタキだった訳ですが、その時は綺麗な鳥で終わってしまいました。退院してから数ヶ月間にわたり自宅療養をしていましたが、その間杖なしには歩くこともできず、医者から歩行訓練として歩くことを勧められました。杖を突きながら、近くの公園などを散歩する毎日でしたが、冬を迎える時期でしたから池にはたくさんのカモたちが集まっていましたから、その名前を覚えてみようと思ったのが始まりだったのです。
f0330321_22231381.jpg
公園の池に浮かぶカモ達を、小型の双眼鏡を覗きながら図鑑と見比べていたら、色々な人から声を掛けられました。その中の一人から野鳥画家のY先生を紹介されてお付き合いを始めたことが、野鳥の世界へはまり込むきっかけとなりました。
f0330321_2223686.jpg
野鳥観察に興味を持ち始めていた私を、Y先生は色々なところへ連れて行ってくれました。野鳥を見慣れていない私には、図鑑でしか見たことのない野鳥を目の前に見ることができて、バードウォッチングの世界が急に広がることになりました。
f0330321_22232614.jpg
当時流行っていたパソコン通信のFbirdにものめり込んで、コーヒー党の名前もその時のハンドルネームですが、知り合ったお友達と誘い合わせてオフの探鳥会などに参加するのも楽しみでした。その頃、サバンナシトドが出ているという情報を聞いて、鳥友さんと誘い合わせて見に行ってきたのが懐かしい思い出です。
f0330321_2223056.jpg
あの時、サバンナシトドが出ていた場所は、今回観察した場所の近くになりますが、シマアジ♂も近くに観察できたことが思い出されました。サバンナシトドは当時と同じように、今回も田んぼの中の水路にその姿を見つけることができました。
f0330321_22225196.jpg
もともとは、北米大陸に生息する野鳥ですから、日本へ渡ってくることは稀ですが、この辺りの環境が、越冬するのに合っていたのでしょう。同じような環境の中で、またサバンナシトドに会うことができて、私的には大変満足できる大きな収穫になりました。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-02-26 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

止まり木のカワセミ

f0330321_22494081.jpg
孫娘の退院日となりました。午前中に半日休みをもらって、お迎えに行ってきました。事前に居間にベビーベッドを組み立ててもらっていましたから、今朝は孫娘を迎え入れるためにベットマットやシーツを広げ、ベットメイクをして、大型の空気清浄機を作動させてから、早めに迎えに行ってきました。自宅に戻り、ベッドに寝ているベビーの姿を見ると、家族が1人増えたと実感することができました。嬉しいですね。こんな喜びを感じられたのは久し振りのことだと思います。早速、娘がオッパイをやったり、哺乳瓶を熱湯消毒してミルクを飲ませる準備をしたりと忙しくなりました。ベビーを迎えてこれからが大変ですが、それ以上に楽しみが膨らみます。
f0330321_22494845.jpg
孫娘を抱き上げてみました。とても軽くておっかなびっくりですが、無事にお爺ちゃんデビューをすることが出来ました。でも、愛犬チョコちゃんは、足元にじゃれついてきて、自分を抱っこしろと強烈アピールです。早くもライバル意識を出してきたようです。
f0330321_22495664.jpg
婿さんは仕事で遅くなりがちですから、しばらくは面倒を見ていかなければなりません。今夜からはベビーバスの準備だとかオムツの交換とか、何かと大変なことになりそうです。
f0330321_2250162.jpg
とりあえず今日は、お祝いとしてお昼にお寿司をとって、早めの昼食を食べて職場へ向かいました。職場では、赤ちゃんが来ると夜中は3時間おきに起こされるよと、先輩からありがたい忠告を聞いて、少し気持ちが重くもなります。
f0330321_2250860.jpg
それでも、早く孫の顔が見たくて、定刻にはタイムカードを押して職場を後にしました。今夜は先ず洗面所からお湯を運んで、ベビーバスの準備をしなければ....爺爺でも少しは役に立つところを見せてあげなくてはなりません。o(^_^)o
f0330321_22501233.jpg
さて、本題のカワセミの写真ですが、この公園では近いところによく姿を見せてくれました。池の周囲には止まり木が何カ所かありますが、カワセミが飛び移るたびに十数名のカメラマンが三脚を担いでゾロゾロ移動していきます。たくさんのギャラリーを引き連れて、この公園のスターとなっていました。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-02-25 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

ジョウビタキ♂が近い

f0330321_1951862.jpg
通勤カバンをリュックサック式のものに変えてしばらく経ちますが、もうこれが定番となってしまいました。この頃は、男性でも女性でも街中でリュックサックを利用する人が増えてきたようですが、歩く時に両手が使えるというのはとても便利なことだと思います。歩きながら何かしようと思っているわけではありません。特にスマホなんかを操作しながら歩いていては、周りの人に大変迷惑になりますから、それだけはしないようにと思っているくらいです。でも、毎日通勤の行き帰りにウォーキングをしていますから、片手にカバンを持って歩いている時のことを考えると、歩いている時に両手が使えますから、絶対この方に軍配が上がります。とても便利なリュックサック式の通勤カバンですが、混み合った電車の中ではこれがまた周囲の人の迷惑になりますから気を使います。
f0330321_1953514.jpg
通勤電車に乗る時は、いつも混み合っていますから、リュックサックなどを担いだままだと周囲の人に迷惑をかけてしまいます。それで、あらかじめ胸の方に抱えるように掛けるか、手に持つようにして邪魔にならないようにしています。
f0330321_1944664.jpg
リュック式に背中に背負っていると、電車の中で目の前の席が空いた時でも直ぐには座れません。混雑している車内では背中のリュックを降ろすのも、周囲の人に迷惑です。でも、前に抱えるように掛けているとそのまま座れますから、これならすんなり座れて好都合ですね。
f0330321_195101.jpg
さらにリュックサックの利点はその容量が多いところです。見た目の大きさは手提げ式のカバンとあまり違いませんが、容量は倍以上あります。それだけたくさんの物を収納できますし、背負うことで重さも感じませんから、この点でも利点が多くあります。
f0330321_1952539.jpg
ジョウビタキの写真を撮影したこの日は、モンベル製のフォトウォーカーバックに、カメラとお弁当などを入れて丸一日かけて散策してきました。必要な荷物をいつも背負っていることで、安心して野鳥探しに没頭できます。
f0330321_1954221.jpg
この公園には、他にお目当の野鳥がいたのですが、残念ながら撮影出来ませんでした。でも、代わりにこのジョウビタキは、サービス精神旺盛に姿を見せてくれて、暇を持て余すこともないように、撮影対象になってくれました。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-02-24 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

頭上のノスリ

f0330321_11372657.jpg
今日のお昼は職場の上司や同僚など5名で誘い合わせて、職場の近くに出来た新しいラーメン屋へ行ってきました。新しいとはいっても、昨年の11月に開店したお店のようですから、もう3ヶ月ほど経ったことになります。でも、そんなお店が出来ていたことすら、教えてもらうまで知りませんでした。職場の同僚には、これまでも美味しいお店を色々教えてもらっていますが、この店だけはみんな初めてですから、どんな味を出してくれるのか、楽しみでもありました。
店の看板には 「とりそば」 という表示が出ています。何だか日本蕎麦のような印象を受けますが、注文して出てきたのは間違いなくラーメンの麺を使ったおソバでした。塩味としょうゆ味の2種類がありますが、これは全く新しい趣向の味付けに違いないだろうと期待しながら、初回のこの日は、しょうゆ味のセットを注文しました。
f0330321_11381419.jpg
運ばれてきたトレーに載っていたものは、ラーメンとかやくご飯、お新香などがセットになったメニューでした。まず最初にコショウなどを掛けず、ラーメンのスープを一口味わってみました。鶏がらスープで出汁を取っているのでしょうか、これまで味わってきたラーメンとは一味違う、和風の味付けであると思います。
f0330321_11375596.jpg
チャーシューのようなお肉が4枚も載っていましたが、これはみんな鶏肉であったようで、食べ応えがありました。かやく御飯も鶏がらで下味をつけたものでしょうか。初めての味付けで、皆それぞれ感想が異なりましたが、次回は塩味の 「とりそば」 をぜひ食べてみたいと思います。
f0330321_1138515.jpg
この日訪れた公園で、お目当ての野鳥が出てくれるのを待っている間、上空をこのノスリが飛翔してくれました。良いお天気にも恵まれていましたが、のんびり飛ぶ姿がとても気持ち良さそうでした。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-02-23 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

梢のシジュウカラ

f0330321_1125681.jpg
今使っているカメラ(オリンパス E-M5mkII )には、撮影した画像を自動的に再生してくれるスライドショーの機能があります。撮影した映像を確認するのに、1枚1枚手作業で見るのは手間が掛かりますが、この機能を使えば液晶モニターに指定した秒数で次々に写真を映し出してくれますから、たくさん撮影したときに続けて確認するときには便利な機能です。さらにBGMとともに再生してくれますから、他の人に見てもらうときにもとても便利な機能であると思います。
今回、娘が初孫を出産してくれて、まだ分娩室にいる間にベビーの写真をたくさん撮影しました。出産の初日、ベビーは新生児室へ、娘は病室へと別れ別れになりますから、ベットに寝ている娘にスライドショーでベビーの写真を見せてあげることが出来ました。カミさんと2人で、どちらに似ているとか、髪の毛が多いとか、頭が良さそうだとか話が盛り上がって、見ているだけで楽しい時間になりました。
f0330321_1123117.jpg
撮影後の画像の確認ですが、シャッターを押すたびに自動的にモニターに表示されますから、これまでもその都度確認したり、ピントが合っているかどうか一コマ一コマ見るために使うことが良くありました。でも、明るい屋外ではチョット見え難い場合もあります。
f0330321_1125082.jpg
ある時、ファインダーを覗きながら、画像の再生ボタンを押すと、ファインダーの中に撮影した画像が再生されることを知り、目からウロコが落ちるような思いがしました。取扱説明書をよく読めば分かる話なんでしょうが、偶然この機能を発見したことで、新しい世界が広がったように思いました。
f0330321_1123949.jpg
さらに驚いたことに、液晶モニターに比べてファインダーの中のEVFは、約236万ドットということですから、液晶モニターの約104万ドットより、ずっと高精細です。それに、周囲の明るさに影響を受けない明瞭な映像を確認できますからこんなに都合の良いものはありません。
f0330321_112456.jpg
このシジュウカラは、先日足を運んだ公園ですぐ目の前に飛来してくれたところを撮影したものですが、そのビューファインダーで撮影画像を確認したところ、羽毛の1本1本まで解像されているところが確認できました。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-02-22 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

茂みのアカハラ

f0330321_1023483.jpg
初孫の話ばかりが続いてしまいますが、やっと産まれました。待望の女の子で、体重は3,384gということでした。娘に陣痛が来てから24時間以上も掛かったことになりますが、待たされる身は辛いものの、頑張った娘にはよくやったと褒めてやりところです。それよりも、婿さんが大変でした。私が夜寝る前に娘を病院に運び込んだわけですが、仕事を終えて深夜に到着し、そのまま一晩中出産に立ち会っていた婿さん、大変でしたね。ご苦労様でした。
前夜は遅くなったので、この日は仕事を休んで連絡を待っていたところ、10時前に出産したという連絡をもらいました。バタバタしながらカミさんと二人で直ぐに病院へ駆けつけました。そして、待望の孫娘の顔を初めて見たときには、ジーンとしてちょっと言葉に詰まってしまいました。でも、これで私も爺々デビューです。
広い芝生の公園を走り回る孫娘を追いかけて、早く一緒に走り回ってみたい.....そんな姿が想い浮かんできました。
f0330321_1023917.jpg
この冬のシーズンは、どうしたわけかアカハラを見る機会がとても少なかったように思います。シロハラを見ることが多くて、今シーズンはどこへ行ってもシロハラの写真が良く撮れました。でも、この公園へ来たところ、植え込みの下にこのアカハラがいてくれましたから、早速カメラを向けさせてもらいました。
f0330321_10225787.jpg
少し距離がありましたが、全身が良く見える位置で動いていてくれましたから、絶好の撮影対象です。これで今シーズンほとんど写真が撮れなかったアカハラの姿を、カメラに収めることができました。
f0330321_10231439.jpg
アカハラ漂鳥ですから繁殖期は高原で観察することができます。今年のシーズンにはどこかの高原で、あのキョロン、キョロン、ツィーと鳴く爽やかな囀りの声を聞いてみたいものです。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-02-21 06:00 | 野鳥 | Comments(2)

モズが可愛い

f0330321_1015073.jpg
前回は、初孫の話を紹介させてもらいましたが、仕事が終わる時間になっても、娘には未だに出産の兆候が見られないようで、もどかしい思いをしています。出産までこんなにヤキモキさせられるものとは思いませんでした。病院からの指示では、初めての出産の場合には、陣痛が始まっても翌日になることがあるということですが、それが当たっていたようです。今日は職場で1日仕事をしながら、いつ電話が掛かってくるかとそればかりが気になっていましたが、徒労に終わってしまったようです。でも、さすがに翌日には生まれてくれるでしょうから、思い切って仕事を休ませてもらうことにしました。早いところ顔を見ないことには落ち着きません。
f0330321_10141195.jpg
家に帰っても、いつもなら夕食をつまみながら缶ビールを1本飲むのですが、娘が夜中に産気づいたら大変です。車で運ばなくてはいけませんから、今夜はぐっと我慢しています。
f0330321_10143692.jpg
いつもと違う様子を気遣ってか、カミさんがノンアルコールのビールを出してきてくれました。飲めないと諦めていましたから、嬉しいサービスです。酔えないお酒でしたが、2本も飲んでしまいました。
f0330321_1015952.jpg
食後に風呂に浸かり、自分の部屋に戻って暫くしたら、階下からカミさんに呼ばれました。さあ来たぞ、急いで車に荷物を積み込み、娘とカミさんを病院まで運びます。....あとはすることがなくなりました。レディースクリニックの廊下で待ちながら、この書き込みをしていますが、まだ時間が掛かりそうなので一旦戻ることにします。
f0330321_10141858.jpg
先日、神奈川県下の公園まで足を伸ばしてきました。お目当は他にあったのですが、そこで見つけたのがこのモズだったのです。ほぼ1日ここで待っていましたから、その間に撮影の対象になってくれました。
f0330321_1014318.jpg
お目当の本命は、この日チラリと姿を見せてくれただけで撮影することは出来ませんでした。その代わり、このモズは何度も繰り返し可愛い姿を見せてくれました。....孫の出産同様、本命に会うことはなかなか難しいことのようです。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-02-20 06:00 | 野鳥 | Comments(0)