ヒガラの幼鳥

f0330321_1657432.jpg
このところ日本には台風がいくつも接近して、各地で大雨の被害が出ています。8月20日の土曜日は都内でも局所的な豪雨があり、私の自宅付近でも一時的にものすごい雨が降りました。こんな状況では21日の日曜日も雨に降り込められるだろうと思っていたのですが、日曜日は朝から良く晴れて、とても暑い一日になりました。予定もしていなかったのですが、あまりにも良いお天気でしたから、シギチを観察するにはちょうど良い頃合いだと思い、朝のチョコちゃんのお散歩を済ませてから、休耕田巡りに出かけてきました。まずまずの成果を上げることが出来ましたから、順を追って紹介していきたいと思います。
7月最後の週末に、避暑を兼ねて出掛けた山の中で観察した野鳥の紹介をしてきましたが、今回紹介するのはヒガラの幼鳥になります。
f0330321_16571696.jpg
このヒガラの写真を撮影した時は、梅雨明け直後の熱さを逃れて、少しでも涼しいところで自然観察しようと思い、群馬県下へ遠征してきたわけですが、朝の散策に出掛けた時に撮影したものです。
f0330321_16572223.jpg
これまでに、何回か足を運んできたところですから、地理的な不安はありませんが、野鳥との出会いに関しては運も大きく左右します。早朝の散策に出掛けたところ、野鳥の群れと遭遇することが出来ました。
f0330321_16572745.jpg
この日足を運んできたのは、赤城の山の中ですが、大沼と小沼の間にある覚満淵という高層湿原の周辺が、自然観察にはとても良い環境で、野鳥だけでなく山野草の観察にも適したところです。
f0330321_16571199.jpg
ビジターセンターから覚満淵に続く散策路は、木陰の中を歩く樹も落ちの良い小道が続いています。日向は暑さがありますが、木陰の涼しさはとても沖も落ちが良いものです。ここではヒガラの群れと遭遇しましたが、この個体の羽衣は色が淡いですから、今年生まれたばかりの幼鳥であることが分かります。
[PR]
by coffeeto1 | 2016-08-22 06:00 | 野鳥 | Comments(0)
<< 覚満淵の山野草~その1 夏山のホオジロ >>