さいたま市の公園で見た野鳥達

f0330321_215112.jpg
スマートフォンをiPhone6 へ機種変更したことで、携帯の基本契約がスマ放題ライトに変わりました。これは、5分以内の通話ならば、何度でも通話し放題というもので、家族同士に限られていた無料通話の制限が無くなるようです。これまでも、ショートメールで連絡を取ることが多くて、あまり通話することは無かったのですが、これで料金のことを気にせず、遠慮なく電話が掛けられます。でも、考えてみると、そんなにしょっちゅう電話するわけではなく、メールで連絡を取ることの方が多いですから、これからのスマートフォンの使い方に大きな変化が出てくるか、少し様子を見なければなんとも言えないところです。
今回は、さいたま市のさぎ山記念公園を散策してきた時に、撮影できた野鳥の写真をまとめて紹介します。
f0330321_2151963.jpg
既に、ノビタキやキビタキなど渡り途中の野鳥については紹介してきましたが、それ以外に撮影した野鳥達です。上の写真は枝先に留まったモズですが、これは草むらに伏せていたホシゴイです。
f0330321_2152536.jpg
これを見つけた時、ちょっとビックリしてしまいました。というのも、普通は立っているはずのゴイサギがこのように臥せっていたものですから、何処か痛めたか、落鳥寸前なのかと思ったのです。数枚撮影してすぐその場を離れましたが、帰り際に立ち寄ってみたところ、姿がありませんでした。いずれかへ飛び去ったようです。
f0330321_2153517.jpg
こちらは、池のほとりで日向ぼっこをしていたカルガモです。アシが繁り、水草で囲われていますから、ここが安心して休めるポイントであったようです。
f0330321_2154658.jpg
カルガモが羽を休めていた場所へ向かうように、オオバンが泳いできました。カルガモだけでなく、このオオバンにとってもこの辺りは居心地の良い場所なのでしょう。
f0330321_2155469.jpg
羽を休めていたカルガモが移動を始めました。これから餌探しにでも出掛けるのでしょうか? 近くに張り付いて、カルガモの邪魔をしないように、早々に立ち去ることにしました。
f0330321_216292.jpg
緑陰でキビタキの出現を待っていたところ、このシジュウカラもよく姿を見せてくれました。大きな岩の上に餌を見つけて、ここで暫しのお食事タイムです。
f0330321_216882.jpg
こちらはエナガです。これもキビタキの出現を待っていた時、林の中を群れで移動してきて姿を見せてくれました。この林の中は、色々な野鳥が観察できて、なかなか賑やかな場所でした。
f0330321_216149.jpg
モズですが、黒い過眼線が目立つこの個体は♂になります。一番上で紹介したモズには黒い過眼線がありませんから、あちらは♀の個体だと思います。この個体は、周囲の見晴らしが利く木立の頂に留まって、縄張りの見張りでしょうか? それとも、獲物を求めて目を凝らしているのでましょうか? このモズ君に聞いてみたいところです。
[PR]
by coffeeto1 | 2015-10-25 06:00 | 野鳥 | Comments(0)
<< 紅葉の中のメボソムシクイ@戸隠 秋のチョウとトンボ@さいたま >>